柳原陽一郎with外山明@ムジカジャポニカ 。

今日は、ムジカジャポニカで柳原陽一郎さん。

ムジカでの柳原さんというとソロのイメージが強いが、
今回は強力パートナー、ドラムの外山明さんとの出演。
この組み合わせ、ワシは初めて観る。
どんな変化や化学反応があるか、楽しみ!
柳原さんの曲のメロディの美しさは「たま」時代からずっとやなあ。
外山さん、コーラスもしはるんや!頭からええ気分。
最近の状況からできた新曲「ああ2メートル」は、
音頭調でノリもええ中、ちゃんと今の社会の問題点とか歌い込んではる。
美しいメロディでも、詞は結構リアルなドロっとしたもんも、
歌い込んでるので、余計に「この人は信用できる」と思ってしまう。
外山さんのドラムは、やんちゃで自由そうに感じるが、
実は柳原さんをしっかり支えてて、引き立ててるのが大人っぽくて、素敵。
そっか、柳原さんにしても外山さんにしても、
今日のライブはやんちゃではみ出すことも知ってる人の
大人のライブなんやな。カッコええやん。
一部ラストは「機関車ポンコツ走れ老体」
ノリ良く気持ちよく、換気タイムに入る。

二部は、柳原さん、一人で始まる。
ピアノの音、一音一音が、それぞれに美しく、
それが流れになるとさらに美しい。
不純物のない粒揃いのガラス玉が、
川のように緩やかに流れて行くイメージ。

三曲やって外山さんが参加。
「歌手はうたうだけ」ちょっとチンドンぽいアレンジになってて楽しい。
外山さんのリズムって独特やなあ。
気持ちよさとクセの強さが同居してる。

二部は陽一郎の「陽」サイドなのか、
新曲「バッドデイズ」も曲名に反して、明るく元気な歌。
まあ、この曲名でこのメロディを仕込むってことだから、
毒もたっぷり混じってるのだが。

あっという間にラストの曲は「歌を止めるな」。
ほんまあっという間の楽しい時間だったけど、
曲名通り、そのままでは止まりません。
アンコールで楽しい時間は少し伸びます。
アンコールは「オゾンのダンス」久しぶりやなあー!
ものすごい超速演奏!こりゃ快適やわー!
「曼珠沙華」のところは「通天閣」にしてのローカルサービス!
(この動画では「マンホール」になってる箇所)
笑ってもうたけど、やっぱり嬉しいよな。

超速テンポ、楽しいんやけど、すぐ終わってもた。
やっぱりみんなもうちょっと楽しみたいようで、ダブルアンコール。
打って変わって、柳原さん一人でしっとりと。
あーこりゃ味わった感、たっぷりやなあ。

柳原さん、この時期にライブできたことを、すごく喜んではった。
中止も考えたそうや。
ほんま、観客以上に、ライブハウスや演者は、すごい悩んでるんやろうなあ。
こっちも、十二分に対策しなあかんな、と改めて思いました。

柳原さん、外山さん、来て頂いて、楽しいライブしてもらって、
ほんま、ありがとうございました!!

ほんで、ムジカのせい子ちゃん、しゃきチョン、ジョンソンtsuも、
ほんまにいつも、ありがとう!!

【追記】
せい子ちゃんが今日の動画あげてくれてた。
個人撮影できなかったので、これで、会場内の雰囲気を!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

今が一番若い。

次の記事

デイゴホテルの身売り。