とんちピクルスと過ごす、クリスマス&クリスマス・イヴ@音凪。

クリスマスは、とんちピクルスさんと過ごす二日間。
(他に予定ないんかい、ワシ)

まずイヴの夜は、とんちピクルスさんと、スティールパンのトンチさんで、
ダブルトンチの夜。
この二人の組み合わせは、ワシは2回目かな?
けど今回の方が、二人一緒の演奏が多かった気がする。
二人一緒に結構アヴァンギャルドなことやってて、新鮮でした。

トンチさん(ややこしいのでカタカナがスチールパンのトンチさんで、
平仮名がとんちピクルスさん)が、ケロリとした顔で歌う
「まんタッチ」がおもしろかった!
それぞれのソロももちろん良かったです!
トンチさんの台湾の民族音楽と、稲妻ドン!はワシの好物です。

で、昨日はとんちピクルスさんのワンマンライブ。
イヴの夜にお客さんに「とんちさん、なんで博多弁使わないの?」と
言われたらしく、一部はMCも歌もできるだけ博多弁で。
クリスマス特別バージョンらしいです。
「この世の崖」は博多弁で聴くと、
よりじわ~~~っと入っていく感じしたな~。
「まんタッチ」は、場内騒然の大爆笑!
🎶〜タッチしたっちゃけど、やっとらんよ!〜
最高!!

恒例のワシの「やってな~~い!」という合の手も
「やっとら~~ん!」でやりましたが、ほんまは
「やっちょら~~ん!」の方が、良かったかもしれんなあ。

2部は、標準語に戻ってのライブでしたが、
新キャラ「ボボ・ディラン」さんが出てきたり、
まさかの!「本当はウクチャンは…」と
子どもの夢を壊すネタばらしあり。
クリスマスならではの、サプライズフルなライブでした~。

あ~笑った。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA