Ett&ふちがみとふなと@ムジカジャポニカ。

本日は、恒例の大好きな組み合わせを観に、ムジカジャポニカへ。
まずはEttさん。
まさかの口パク&エアギターから始まりました(笑)
今日も楽しくなりそうっす。

曲始まっても、渓さんのコーラスがなんかぶっ飛んでて、笑ろてまう。
さゆりさんのちょっと鼻にかかった、だけど伸びやかな声聴くと、
なんかわけわからんけど、心が落ち着く。安心する。
渓さんのギターも、ひとつひとつの音が、
色とりどりの丸い小石のように優しく、美しい。
そんな二人の音楽が、気持ち悪いわけがない。
涼やかに、柔らかく、心にゆっくり流れ込んで来る。

さゆりさんの歌って、全然演歌っぽくはないんやけど、
コブシは回ってるんよな。
変な言い方やけど、そのある意味爽やかなコブシが、
めっちゃ気持ちええし、クセになるポイントやと思う。

夕方の雨上がり、午後の陽だまり、朝焼けに染まっていく空、
Ettの音楽は、なんとなく、それぞれに天気や時間を感じるなあ。

ラストは西尾賢さんの演奏したカラオケで、金鯱ヨーデル(笑)
渓さん、最近ヨーデルに凝ってるらしい。

楽しい!めっちゃ楽しかったけど、
インパクト強すぎて、今までの他の演奏の記憶、
全部吹き飛びそうや。

で、2組目はふちがみとふなとさん。
この組合せ、ほんましゃーわせやわあ。
一曲目は酒飲みの歌。もうラストオーダー、
終わってるんですが(笑)

新曲「プシュ(缶を開ける音)のなんとか」
めっちゃ楽しい歌やなあ。
「ふなとベーカリー」上野茂都さんの曲やったらしい。
知らんかったー。

次の曲も上野さんが作ってFAXで最近送ってきた「庭の木」。
初披露やったんかな?
めっちゃええ歌やったなあ。

おお!続いて「日時計」。
ワシの大好きな歌。
優しいメロディやけど、通じ合ってる二人でも、
全部は同じじゃないし、全部分かり合えるわけでもない、という歌。
だけど、それはきっと寂しいだけのことではなく、
そのことを分かった上で、大切に思い合う、
ということなんちゃうかな、とワシは解釈してる。
だから、ワシにとっては、すごくぬくもりを感じる曲である。

ふちふなさんの音楽は、ときにコミカル、
ときにジーンとするかと思うと、
ものすごく牧歌的に感じるときもある。
それがみんな、他には、絶対ないような、
ふちふな音楽になってるところがすごいと思うし、
何回でも聴きに行きたくなるポイントやと思う。

アフリカの人がジャマイカのボブ・マーリーの
墓参りに行く歌も初めて聴く。
楽しかったー。

二組とも、何か秘密の新曲、用意してるなあ。
曲順間違ったときの純子さんの恥ずかしがり方がかわいらしかった(笑)
そのあと、やり始めた曲は、おお!これも初めて聴く、
ふちふな版「生活の柄」。
こりゃええなあ!
これ、山之口貘さんの詩なのだが、なんか分からんけど、
数あるカバーの中、貘さんの気持ちに一番近いような気がした。
メロディをつけたのは高田渡さん。
渡さんの気持ちも、なんか伝わってくる気もした。
名演やわ。
これ歌うとき、観客は、後追いコーラスいれるのだが、
それが入れられないくらい、聴き惚れてしまった。

ラストはさっき純子さんが間違えて歌いかけた「アクウ」。
勢いよく、ふちふな終了。

そして、 さあ、この対バンのお楽しみ、
Ettとふちふなの共演。
なんとムジカジャポニカ15周年おめでとうの歌から始まりました!

二曲目の南国を思わせる、ゆったりした曲が極楽過ぎ!
なんかもうこの、たゆたうような音楽に
永遠に揺られていたい気がした。

おお!そしてワシの好きなettの「楽しや汽車の旅」。
この曲が、このコンビで聴けるとは!
ほんで、めちゃくちゃ楽しいーー!
やっぱり、この組み合わせ、観逃せないなあ。

アンコールの「歯磨きをしないと口をゴキブリに噛まれる歌」
(題名はわからず)まで、ほんまに楽しい時間でした〜。

終わってから、船戸さんTシャツのファンなワシは、
ちゃんと見せて頂いた。

おお!!遠目にはブルースブラザーズか何か?と思ってたんやけど、
遠藤ミチロウさんと友川カズキさんやった。
これ、欲しい〜〜〜!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA