ちびブラス−1+1@ムジカジャポニカ。

先週金曜23日は、ちびブラス−1+1。
梅津さん、多田さん、三原さんの3人に、チューバの菱沼さんがお休みだけど、
同じくチューバの関島さんがゲストで入るカルテット。

梅津さんの一音目聴いた瞬間、背筋がピンと伸びる。
なんとも凛とした音だ。
関島さん、ゲストと言っても、こまっちゃクレズマなどで、
梅津さんや多田さんとは一緒にやってるので、
一曲目から一体の音になってる。
考えたら、インスト中心のライブ、久しぶりやなあ。

二曲目は梅津さん、フルートにクラリネット。
めいめいがバラバラに吹いてる感じが、
だんだんまとまって力強いひとつの流れになっていく展開が、
なんかワクワクするほど面白い。
チューバソロから、みんなが手や楽器や頬やら、
いろんなところ叩きまくって、リズムを取る。
楽しいー!
知ってる曲だったけど、曲名出てこなくて、
曲終わりでタイトルゆーてくれるかな?と待ち構えたら、
梅津さんがゆーてくれた。
のだが、滑舌がちょいと悪くて、聞き取れず(笑)
梅津さん、今新しい歯の慣らし期間中らしい(笑)

続いては、梅津さん、ピアノの弾き語り。
これは珍しい!ワシ、初めて観るかも。
入歯とは思えない艶のある若々しい声(笑)
三原さんのソロ、多田さんのソロと続く。うっとりするほど、素晴らしい。
最後はチューバを残し、三人で歌う。
希望に満ちた歌や、胸が熱くなってくる。

お!次は三原さんのボーカル。
前向きで楽しくて、なんか優しい歌やなあ。
三原さんがボーカルからトロンボーンに戻る瞬間の
広がった感じが気持ち良かった。好き。
一部の最後は「クマモト」。熊本県のことではなく、スワヒリ語らしい。
おお!確かにアフリカっぽい!
スタッカートの全員ユニゾンが小気味良すぎ!
ふー!気持ちええ!!

ワシの横で聴いてたガンちゃんは
「打楽器ない分、頭で打楽器の音想像してると、
ほんまに聴こえてくる。おもろいわ」
ゆーてた。ワシも二部はそうしてみよう。

と思ってたら、二部は、いきなりフリージャズみたいな始まり方、
ワシの想像力では追い付かん!
そこからなんかマーチみたいな感じに変化してきたのでやってみる。
おお!ほんまや!聴こえてくる!
チューバの裏を取るような賑やかなシンバルが聴こえてきた。
チューバのロングソロ、関島さんの音って、ほんま大きいなあー。
なんか包み込んでくれる感じが、すげえ安心する感じ。

次の「間歇泉」。
なんか往年の生活向上委員会思い出すなあ。
押したり引いたり、急に飛び出したり、めっちゃ楽しい!

おお再び梅津さんのボーカルで「東北」。
これ、聴くと必ず涙が出る。梅津さんの曲やけど、
元々はおおたかしずるさんが歌ってた曲。
「会いたくて名前を呼び続ける」の歌詞、この日のも胸に迫った。
震災のときにできた曲のようだけど、
もう会えない人への気持ちは、誰にでもある。
この曲は、その誰にでもある普遍に至ってるのだと思う。

次は多田さんの「ラテライト」。
楽しくリズミカルなこの曲では、
頭の中でジャンベ系の固い音が鳴り響いてた。
三原さんと関島さんのトロンボーンvsチューババトルは、
なぜかリコーダーバトルに変化(笑)
客席から笑い声が漏れる楽しさ。
三原さんのリコーダーは、上げ下ろしで音程の変わる棒が付いてた。
さすがトロンボーン奏者!
スライドホイッスルてゆーらしい。

次の超速ポルカみたいな曲では、
ワシの頭の中にスネアをどしゃどしゃ、叩きまくるおっさんが現れる。
これは体温上がるわー!

ラストの曲ばかり「アレブリダー」かな?
梅津さんのボーカルで。あー、この曲も元気でる!!

楽しいわー!

アンコールは多田葉子さんが歌う「ワルチングマチルダ」。
これは当然、スネアがフィルイン。
やー!軽やかに、だけど力強く、楽しく、終わりました。
なんかちびブラス観ると、いつも、自分まで
シャンとした気持ちになりますわー。
ありがとうございます!!

終演後は恒例の撮影会。
さっきの頭で鳴ってたスネアみたいにドシャドシャ撮らせてもらったので、
全部上げときます。

いやあ、楽しかった〜〜。
その後、打ち上げ、少し混ぜてもらって、嬉しかったのだが、
クラストの斎藤くんがやってきて、
話してるうちに、盛り上がって、またの如く、泥酔。
ああ、泥酔人生と決別したつもりだったが、
また前の調子に戻ってしまったか。。



まあ、それが後悔に繋がらないくらい楽しい夜でございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA