年末恒例ライブ 良元優作&中島直樹@JOKE。

昨日は、恒例の良元優作さん年末JOKEライブ。
今年は少し早めだからか、いつもほどの人口密度ではなく、居心地よし(笑)。
毎年29日くらいにやってて「酸欠なりそう」と思うくらいやからな。
けど、雷蔵さんや川島くん、前川夫妻、桑原さんとか、
お馴染みのメンバーがおらんのは少し寂しいな。
まあ、ライブ始まったら、そういうこと、すべて忘れてしもたんやけど(笑)

今日は「眼鏡橋」から。
直樹兄ちゃんの途中から入るベースが驚くほどかっこいい。
優作さんのギターもすごく控え目な演奏で、今まで聴いた中で、
一番音数の少ない眼鏡橋やったかも。
その分、歌の切なさが、沁みてきた。
そして「きっかけ」に続く。
眼鏡橋からの流れで余計にこの歌の持ってる、前を向く感じが心地よく響く。
その次が「コンビニ」って、なんとなくストーリーが繋がってるような気がするなー。

わ、久しぶりに「風の噂」!
この歌、ただでさえ泣きそうになるのに、直樹兄ちゃんの弓が入ると、あかんやん!!
特にコンビニの中の少年とのやり取り、年末に聴いとくべき歌やなあ。
わけもなく、そう思った。
今日は優作さんの声、微妙にフラットしたり、シャープしたり。
だから余計に切ないのかな。
そして「春の虹」。
ええ流れ、「風の噂」の彼に、この歌を聴かせてるような気分になった。
直樹兄ちゃんの門松の話で珍しく(笑)MCで笑いを取った後は、「月と金星」。
間奏のギター、変わってるなー、めっちゃええ感じ。
ボーカルとギターとベースのバランスが素晴らしい。
曲の途中で、微妙にテンポを変えるのに、2人のズレがまったくない。
さすが長年のコンビですなー。
次はワシのフェイバリット「まあいいやで日が暮れて」。
後半の「何か忘れちゃいないかな」のとこで、
一瞬伴奏がなくなって、また入ってくるとこ、
ドキッとした!かっこええ!!
次は、わっ!ワシも聴くの2回目くらいかな?
直樹兄ちゃんと大川で練習してる時に作ったと言う「かもめ」って曲。
情景が浮かぶ歌詞に、繊細で印象的なリフ、
改めて聴くと、ええ曲やなあ。
今日はお客さんに、かんから三線の岡大介さんが来てて、
休憩中、いろいろ喋れた。
岡くんのライブもまた行きたいなー。

二部は「永遠にこのままのわけがない」から。
なんとなく宴会風になってきましたわー(笑)
そして「遠い空」。
冬の寒さを歌った曲だけど、優作さんの曲の中では、割と激しめで、熱い気がする。
その曲に直樹兄ちゃんのベースが合うこと!
ベースソロ、めっちゃかっこよかった!!
次は原やんのリクエストらしい「ゆうれい」。
これも久しぶりに聴く。しみじみといい歌やなあ。
優作さんの優しさが溢れてる歌やと思う。
続いて原やんのリクエスト第二曲目、「風につらつら」。
原やん、ええ曲リクエストするなあ。ありがとう!!
優作さんの声の伸びがー!気持ちええ!!

そして「天ぷら」。
この曲は、優作さんの子ども時代の市場の様子が見えてくるみたいで、微笑ましい曲。
大兄ちゃんといたずらしてる優作さんが思い浮かぶ。
「緑のタイルのイカしたテーブル」。
あ、これにも天ぷら出てくるんやった!これも直樹兄ちゃんと作った曲。
うわ!めっちゃノリがええ!気持ちええ!!
「道間違える」。実はこの曲、めっちゃ好き。
叩き込むような歌詞の流れがええんやろな。
乱暴に喋ってるみたいやけど、めっちゃ軽快に流れていく。
すごく音楽的な歌詞なんやと思う。
そして「京阪電車」。
あーワシは三拍子にやっぱり弱いんやなあ。
そして岡くんのリクエストで「キムおじさん」。
岡くんは名古屋の「きてみてや」で優作のCDを聴いて、
「キムおじさん」が気に入ったらしい。
ワシの好きなミュージシャンが、
ワシの好きなミュージシャンに出逢い、好きになる。
なんか嬉しい話やなー!
この間奏が出来上がって、初めて聴いたシャングリラのナオユキ祭の日のこと、
思い出した。
あのときから、この曲は完璧に美しい曲になった気がする。
今年のラストソングは「ペプシドライブ」。
あー今年も終わる!この曲を肩組んで、みんなで合唱したい気分になった。
優作さんの年内ライブはあと3つ。
21日は鈴木常吉さんと釜晴れ、
29日はワンマンでポーポー屋、
30日は靭カンテでパンツパンツパンツで。
どれも行きたいわあ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

大黒@PAX。

次の記事

宮古島からの贈り物。