橋本ヒネモス還暦記念LIVE PARTY「おにぎりよ!赤く染まれ」挨拶状編。

六月十九日、無事大盛況だったイベント、
橋本ヒネモス還暦記念LIVE PARTY「おにぎりよ!赤く染まれ」について、
ゆっくり噛み締めながら、いろいろまとめていきます。

まずは、挨拶状についてまとめます。
挨拶状のアイディアは、水田十夢くんが出してくれました。
「おにぎりのおめんにしましょう!!」。

で、その中身です。
挨拶の文言とかは、そりゃワシが書かなきゃですが、
おにぎりの具として、ワシの中身を語るのは、
自分で書くのは恥ずかしいし、ええ格好してしまいそう。
かと言って、気を使ってええこと書かれても気持ち悪い。
そんなときは、あの人しかおらん!
福岡の御大、手島裕司先生にお願いすると、
まあ、見事におにぎりの具に寄せて、
ボロカスに書いてくれました。
それを喜んでるワシは、なんなんでしょう。
一個だけ、「和ロハ(葉)おばん(ざい)」とやや苦しめなのは、
ワシが考えて、無理やりねじ込みましたので、手島さんに罪はありません。
あ、でも文章の中身は、手島さんです。

※画像をクリックしたら拡大できるので、文章読めると思います。

あ、挨拶文も載せておきましょう。

で、十夢くんが言うには、おめんのとこ、空いてるスペースがあるので、
小さいおにぎり作りましょう。
ただ小さいおにぎり作っても、面白くないので、
なんと!ワシは全然仕組みわからないのですが、
QRコードでビジュアルに飛ばすことになりました。

その飛んでく先、初めは、おにぎり占いで、おにぎりの具に寄せて言葉を考えたのですが、
それが、おもろいのかどうか、全然実感が持てません。
と言うことは、そんなに面白くないのでしょう。
だったら、ワシの恥ずかしい過去を曝け出してしまえ!
と過去の写真からダメ色濃厚なものをピックアップして、それに四文字熟語で、
ダメ格言みたいなんを付けてみました。
お渡ししてない方にも見ていただきたいので、
今回、一気に公開しますね。


数的に小さいおにぎり8つできたのですが、
おみくじの種類は7つだったので、
堺の名店「犬吉」さんにも登場してもらいました。
鈴木常吉さんの「常吉」も考えたのですが、
「常吉」でワシの写真が載ってたら、
「勝手に人の名前、使ってんじゃね〜よ!馬鹿野郎〜!」って
声が飛んできそうなんでやめました。

で、出来上がったのが、本番三日前、
本番二日前に、十夢くんの事務所で組み立て作業に取り掛かりました。
本番のお客さんが延べで60名、出演者が15名ほど、お店の人や関係者入れても
合計80部もあれば足りるとこだったのですが、勢いで150部発注しちゃいました。

しまった!自分で組み立てること考えたら、もっと少なくしときゃよかった。
けど、もう仕方ないです。

挨拶状だけで、この量。
半泣きになってます。

おみくじを一種類ずつピックアップ。

8×150、総勢1200個のおにぎり占い!

最後におにぎり占いと挨拶状を本体にセッティングする作業。
ベロを出すのが、一番難しい。

元々不器用なワシは、めっちゃ疲れましたが、出来上がって行くのを見るのは楽しかったです。
十夢くんに手伝ってもらって、2時間ちょっとで完成。

やり遂げた感の記念撮影。

おめんにもなります。

パーツや工程をアップで。

これが、できた時から、なかなか実感できなかった本番の日が、
一気に近寄ってきた気がしました。
そういう意味でも、作ってよかったです!

印刷は、前に十夢くんとお仕事させて頂いたハロープリントさんに
超破格でやって頂きました。
おにぎりがこぼれないためのアイディアもハロープリントさんに出して頂きました。

十夢くん、ハロープリントさん、手島さん、
ほんまにありがとうございました!!
まあ、手島さんはワシのこと、ボロカスゆーただけなんすが(笑)


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA