ナオユキ&ザ・たこさん@ロイヤルホース、からのムジカジャポニカ。

今晩は記念すべき夜やった、
大阪のジャズの殿堂、
ロイヤルホースに、
酒場の吟遊詩人、ナオユキさんが初登場!!

ゆるゆるっと始まったが、
最初の5分で、空気が変わった。
もう掴んだ!!ってことやな!
もっと広いとこで観たこともあるのに、
ここで観ると、またなんか違った感じ。
なんやろ、ビジュアルは
アメリカのショービズっぽい雰囲気もある会場で
そんなに馬鹿でかくはないけど、
ちょっとゴージャスなムード。
ニューヨークの伝統あるジャズクラブか。
そこにナオユキさんがおる。
最初はなんか不思議な気がしたが、
どんどん、馴染んで行く。
ナオユキさんが馴染むというより、
ロイヤルホースがナオユキさんに
馴染んで行ってる気がした。

「雑居ビルの4階にあるデタラメな酒場」のネタを、
雑居ビルの4階にあるデタラメな酒場のマスター、
原やん越しに観させてもらう。
得してるんか?ワシ?(笑)

いやー!なんやかんや最後は場内大爆笑!!
素晴らしい!さすがですわー。
もうロイヤルホースは、
ナオユキさんのホームのひとつになったな。

ナオユキさんの動画、
「嘘は罪」の詞を作ったさこさんと、
ブルームーンの黄さんとモアリズムって、
すごい組合せのがありましたよ!

休憩挟んで、ギター、ベース、
ドラムが登場して演奏始まる。
客席から聴こえてくる「アンドー!アンドー!」の掛け声。
そー!今日はザ・たこさんのロイヤルホース初登場でもあるのだ。
このジャズの殿堂に、大阪のファンクキング!!
どんなんになるか予想がつかなかったが、
やっぱり、なんとなくニューヨークっぽい(笑)

この、ロイヤルホースとしては冒険かもしれんブッキング、
ロイヤルホースのお店で働くようになった丸田さんのアイディアやと思う。
丸田さん、グッジョブ!!
「愛の讃歌」の男側歌詞、初めて聴くかな?
めっちゃ男らしくてええ感じやけど、
こうやって、歌われて愛されてるのが、
春子ちゃんやと想像すると、どうしても笑ろてまう。
すまん!アンドーさん!春子ちゃん!!
あ!春子ちゃん、
客席にいて、久しぶりに会えたー。
嬉しかったー!

もともと演奏能力は高いバンドやと思ってたけど、
観るたびに、個々の能力ではなく、
バンドとしての能力が高まってる気がする。
阿吽の呼吸やからこそ出せる手数の豊富さ。
これは、たこさんの武器やなー!

世界のヒノテルや北村英治さんが愛するステージに、
「お豆ポンポンポン」が吹き荒れる!(笑)
なんかもう、笑けてきてしゃーない。
快哉!!

「突撃!隣の女風呂」の山口さんのギター、
これぞファンク!って感じで大好き!エンディングのマントショー、
ロイヤルホースとの相性もよくなって来た感じで、
子どもたちも大喜び!!

お!「かっこいいから大丈夫」も
藤井さん演出のPVが!!

アンコールはナオユキさんも一緒に。
ファンクナオユキさん!
いよいよブルースブラザーズやな!(笑)

帰り、22時過ぎて、ムジカはバータイムになってたんで、
急にせい子さんの顔が見たくなり、
ちょっと寄ってみた。

お!まだアンコールやってた!!
今日は、テソンくんと、ROBOW(初期)と、クラスト!!
得したー!!

テソンくん、喋るとアホやけど、
演奏は、ほんまかっこええ。

ROBOWの「レモンの花」、
また聴きたい!!

クラストのライブは、ほんま楽しい。
またゆっくり聴きたいー!

ほんま盛りだくさんな1日であった。
さっさと風呂入って、屁こいて、
寝るとするか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ピーチパイin Osaka。

次の記事

広告主 黒田博樹。