マルチーズロックな日々。一日目。

もう、ライブからは丸二日経つが、まだ虚脱状態が続いている。
マルチーズロック ・ロスというやつやな。
いやは強烈な三日間であった。
ライブの企画とか、初めてではないが、対バンのブッキング、
初対面同士をぶつけるのは、初めてだったので、
やはり緊張していたのかもしれない。
まだ、 書けるかどうか、自信はないのだが、
これ以上置いとくと、忘れてしまう自信はある。
いや、もう既にところどころ記憶が飛んでる。
あ、それはで泥酔したからか。
まあ、とにかく書き始めてみよう。

初日3月1日、日曜日の会場は、京都出町柳からバスで3つくらい、
高野川沿いの「まほろば」さん。
このお店は、10年以上前、ワシが鈴木常吉さんのライブを初めて観たお店。
そのことに感激して、当時この店でバイトしてたかりきりんの下村よう子ちゃんの
心配をよそに、泥酔して、飲み逃げしてしまい、
後日、振り込みして、なんとか犯罪を逃れお店である。
なんとなくご主人に申し訳ない気分が、いまだに拭えない。
初日の緊張もあったのだろう。
だいぶ早くに着いてしまったが、ご主人に声をかけられない。
カニコーセンくんが川沿いの道を歩いてくるのを待って、
ご主人にご挨拶をする。

ほどなく、マルチーズロック 二人旅で、モリトとホールズさんがやってくる。
※今回「歳下なんだから呼び捨てにしてよ!」と言われたので、
頑張って「モリト」と呼んでます(笑)
早速リハが始まる。マルチーズロック のリハなんて、見るの初めてだけど、
けっこう練習も兼ねて綿密にやるんやなあ、とビックリする。
続いてカンコーセンくん。
ワシは所在なげに店を見廻していた。
聞けば、オープンして30数年らしい。
ワシが学生やってたのと、入れ替わりくらいのオープンやな。
安いし、美味いし、地層のように重なった本は、ワシの好きそうなのばかり。
学生時代にあったら、入り浸ってたやろなあ。

リハ終えて、少しリラックスしたのか、モリトが話しかけてくれた。
「石垣島以来ですね」。そうやった。去年の10月、石垣島の名店すけあくろの周年で、
石垣島でフルメンバーのマルチーズロックを観たのだった。
「あそこにALKDOいたら、もう橋の下でしたよねえ」
「カニコーセン、すげえ変態だな」。
モリトやホールズさんとの話は、楽しい。

開場の時間になる。キャベツとソーセージを煮込んだのを
つまみながらお客さんを待つ。
鎮静化どころか、どんどんひどくなるコロナ騒ぎ。
予約のお客さんのドタキャンも覚悟してたが、
予想外に人が集まった。
知り合いの顔も多いが、知らない人もたくさんいる。
お!とんちピクルスさんも来てくれた!おおお!下村よう子ちゃんも!
かつての犯罪未遂を、また思い出す(笑)

先攻は、カニコーセンくん。
カニくん、気合入ってる感じ!
前半笑かしに笑かされる。「お墓相談」、出色の出来やな。
そうかと思うと後半、MCもほとんどなく怒涛の名曲攻勢。
ワシの知ってる限り、たぶんベストのライブかもしれん。
攻めてる感とやり切った感。
なんやろ、観客のときと感じ方が違うなあ。
安心感と嬉しさが同時にやってきて、幸福感に包まれる。
でも、まだ安心はできない。
マルチーズロック 、どうなるか。。

その前にカニコーセンくんの動画。
よう子ちゃんががベタ褒めしてたカニコーセンくんが自主的に作った
オリンピックのテーマソング(笑)
名曲やなあ。

いやいや、心配なんか全然必要なかった。
マルチーズロック、凄かった。
ギリギリ攻めてる感じがカニさんと共通する。
高田渡さんの曲も出てきて、最高に嬉しくなる。

今日は、もう一人お客さんに面白い方がいた。
モリトの後輩だというスリムクラブの内間さん。
ちょっとだけやけど、喋ってくれた。
テレビでは無口に感じるけど、めっちゃおもろかった。
今回、ギャラの配分任されてるので、「内間さん、なにがしかお支払いしますか?」と聞くと、
ものすごい勢いでお断りになられた。
そら、そやなあ(笑)

MCは、適度にダラダラだけど、音が始まると、やっぱりマルチーズ。
二人でも音圧がすごい。
おお!よう子ちゃんが飛び入り、ああ!嬉しい!幸せ!
写真撮り忘れたけど、モリトの友だちというウクレレの女性のコーラスも美しかった。

ラストは、ミチロウさんの曲で締めた。最高!
このあたりは、住宅街なので、22時で音止め。
まだ歌い足りないモリトは、「マイク繋げなかったらいい?」と
お店の方に聞いて歌い続けている。
ええ気分で歌ってはるんやろなあ、それも嬉しい。

大阪からきてる人もいて、そろそろ、とアンコール途中で
帰る人がいたので、外まで挨拶しに行ってて、
戻ったらモリトがマイクなしで山口百恵歌ってた(笑)
「さよならの代わりに」。
なるほど。。
ホールズさんが隣でお地蔵さんみたいになってたのがおもろかった。

熱いライブやったなあ。
対バンゆーより、濃厚なワンマンをはしごした感じの
めっちゃ充実した時間やった。

最後は、お店の方に「もう止めて!」言われてライブ終了(笑)
しかし、その後、最終電車ギリギリまで飲み続ける。

マルチーズロックの動画は、古いけど2011年の震災直後のチャリティーイベントを。
実は、ワシはこのずっと前から「生活の柄」という名前に惹かれて、
モリトが栄町でやってる店に入り浸っていたのだが、
それがマルチーズロックのボーカルがやってる店とは知らなくて、
この動画観て「え?この人、生活の柄のマスターちゃうん?」てビックリしたのでした。

なんとか、前を通りかかったタクシーを、マルチーズロックと
昔から知り合いの方が止めてくれて、
「まだいたい」というモリトを乗せて、出町柳に。
なんかタクシーはドアを開けると、下にくまモンが浮かび上がる照明が
仕込んでありました。

なんとか最終特急に乗ると、明日から九州ツアーに出かけるという
ナオユキさんから連絡。
どうしても、二人をなかい山に連れてきて欲しいと言う。
ちょうど、ホールズさんが「なにか居酒屋みたいなところで、
食事したい」言ってたので、タクシーで向かうと、
かんちゃんまでいた!
ナオユキさんとモリトは、ワシが「絶対二人は合うはず!」と引き合わせた縁、
かんちゃんは、去年のジョンソン・ツ・バンドの沖縄ツアーにワシも
くっ付いてって、モリトに「ナオユキさんの出囃子のアコーディオンの人」と紹介した縁。
その三人がこんなに仲良くしてくれてるのが、ムッチャ嬉しい。

この後、モリト、ホールズさんとワシの家に帰ってから、
二人は、マルチーズの演奏について、遅くまで、激論を交わしていました。
ほんま、この人たち、音楽に真面目に取り組んでるなあ!!
と思いつつ、一日目、ワシ泥酔にて終了。

安いと評判のカニコーセンのCDやグッズはこちらから。


音舟、ダウタウンパレードなど、名作揃いのマルチーズロックのCDは、こちらから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA