芸人さんのアップデート問題。

東野幸治「アップデートするべき」明石家さんまの問題点を指摘、時代の終わりを語る

なるほどな、と納得する記事だった。

先日の岡村隆史さんの発言は、弁解の余地のない失言だったと思うが、
ワシ個人としては、岡村さんの発言より、それを追い詰めて、
番組下ろしの署名活動まで始めてしまう、
世の中の方が恐ろしかった。

松本人志さんの発言に関しては、二重の失敗をしてるような気がする。
まずは、この記事にもある、時代に合わせたアップデートができてないこと、
もうひとつは、そのできてない、言わばタレントとしては恥ずべきことを、
正義のような勢いで発表してしまうこと、
つまりアップデートできてない自分に気付いていないことの二つ。

ワシは、その番組も見てないのだが、この記事によると、相方さんのことを
庇うようなスタンスでなされた発言のようだが、
相方さんをラジオというオフィシャルな場で、
本質まで遡って、コンコンと説教したナインティーナインの矢部さんとは、
対照的だと思った。

さんまさんに関しても、その通りなんやろな。
最近のことは番組、全然見てないので、わからないけれど、
さんまさんは、昔「ある時期が来たら、引退する」と言ってたように思う。
大御所になって、アップデートができない。
でも大御所なので、誰もそれを指摘できない、
という状態が今であるなら、引退すべき時期なのかもしれんな。

東野さんのこの意見を聞いて、アップデートできるなら、
話は別かもしれないが。

お笑いの世界も、生物の世界と同じで、
「強いものではなく、変化に対応できるものが生き延びる」
のだと思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です