CD「スタンドアローン」ランブリング・ジャック・エリオット。

鈴木常吉さんがTwitterでランブリング・ジャック・エリオットの
スタンドアローンのこと書いてはったので、
聴き始めると、引き込まれて、ず〜〜と聴き続けてしまった。
鈴木さんの聴いてる境地には全然及ばないと思うが、
ワシも、この世のすべてを見てきたかのような、
この声に痺れてしまった。

思わず、ポチってしまう。

ランブリン・ジャック・エリオットは、アメリカの大御所フォークシンガー。
ウッディ・ガスリーの弟子で、ボブ・ディランが父と呼ぶ、
伝説の人で、まだご存命。

そのまま聴いてるともっと前の曲も出てきたが、全部めっちゃええなあ。

その息子、ボブ・ディランの曲をカバーした「Don’t Think Twice, It’s All Right」も、
枯れ具合が、すごく好きやなあ。(演奏は3分25秒あたりから)

この曲は、良元優作さんや田渕徹くんもカバーしてて、どのバージョンんも好きなんだが、
またお気に入りのバージョンを知ってしまった。
またちょくちょく聴くことになるだろう。

トム・ウエイツとの共演「Ramblin’ Jack With Tom Waits Louise」もすごく良かった。

先日のトニー・ベネットと言い、爺さんたちの音楽にやられまくってるなあ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です