(つづき)二条城見学。

香雲亭で魂抜かれたようになって、
しばらく東屋にぼ〜〜っと座って、堀を眺めていた。
なんか幸福過ぎて、他のこと考えるのが面倒になってきたが、
せっかくの二条城、二の丸御殿を見学いたしましょう。

ワシは、二の丸御殿の唐門が、前々から好きなのだ。
きらびやかなのに、なんかシックな感じもあって、
来るたびに、寄ってみたり、離れてみたりしながら眺めてしまう。

さあ、本丸御殿。

二の丸御殿。徳川慶喜が大政奉還したことで有名。

御殿の中は撮影禁止。
これはこれでいい。
これでもか、これでもかと襲ってくる狩野派の素晴らしい襖絵。
天井も、欄間も、金具も、目に見えるすべてに細かで美しい意匠が施されてるんで、
撮影してたら、撮影することに神経行って、そのものを楽しめなるかもしれない。
日本の数ある御殿の中でも、ワシが観た中では、最高に素晴らしいと思う。

とか、考えながら歩いてたら、
近くの女性が「橋本さん?」と声をかけてきた。
え?最初どなたかわからなかった。
「みきです。」ん?三木さん?
マスク取ると、あっ!美紀さん!!
カンザスシティバンドのいろいろお世話をされてる方で、
ライブでよくお会いするのだが、東京在住なので、
意外過ぎて、思いつかなかった。
美紀さんは、観光関係の仕事をされてるので、
お客様と一緒にいらっしゃってたらしい。
その時は、お客様とは別行動。
御殿の素晴らしさなどを興奮しつつも、
大人だし、このご時世なので、
小さな声で語り合う。

3月〜4月、ワシが少しノイローゼになりかけてたとき、
カンザスシティの下田さんに、お声かけてもらい、
ずいぶん気持ちが落ち着いたこともあったので、
そのお礼も言えてよかった。

お客さまとは、二の丸御殿のお庭で待ち合わせということで、
ワシも本丸御殿に行くのに、そこを通るので、
しばらくご一緒させて頂く。

と、今気づくと、御殿出てから、写真撮らせてもらえば良かった。
ワシ、基本一人行動が多くて、人物写真撮ることがあまりないので、
こういうとき、そういうことを忘れてしまいがち。
美紀さん、今度一緒に写真撮らせてくださいね!
今日は、ありがとうございました!

美紀さんと別れ、二の丸御殿の庭を横目に観ながら、
本丸御殿へと向かう。
残念だったのは、本丸御殿が、今修理中なのだ。

よし!完成したら、また香雲亭の朝ごはん食べて、
二の丸、本丸とコンプリートしてやる!と誓う。
まあ、それにしても二条城、広い。

予定では、10時半くらいには、四条烏丸に出るつもりだったが、1時間近く押してしまった。
観る予定にしてた映画、ギリギリの時間だ。

ということで、映画篇に続く。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA