自転車修理顛末記。

おとつい、近所の自転車屋さんで、タイヤに空気入れてもらった直後にパンク。
なんだか疑いを抱いてしまう自分が情けないが、
一度抱いた疑いを消す要素はなく、どす黒い思いは膨らむ一方。

仕方なく他の自転車屋をググると、さらに家に近いところに一軒あった!
が、その店の口コミ評判の悪いこと。
同じ人が別アカウントで書きまくってるのかもしれんが、
「店員の態度が最悪」
「修理した直後に、またパンクした」
「二度と行きません」
などの言葉が並ぶ。
そこまで言われて、敢えて火中の栗を拾う勇気を持ち合わせていないヘタレのワシ。
まあ、そこは頑張るところでもなかろう。

もう少し範囲を広げて店を探すも、
その二軒を越えた先にある店しか見つからず。
二軒の前を避けて、(この辺に人間としての小ささが表れておる)
とぼとぼ自転車押しながら、店に至る。
天気の良い休日の昼間に何やってんだか。

なんでも今日は混んでて、修理に1時間半かかるそうな。
「昼飯食わずに来て、この時間に食えば良かった」と消し炭くらいの後悔をしながら、
お茶をすする秋の休日、世は平和なり。

帰り道は、その二軒の前を涼しい顔して通り過ぎるつもり。
とことん小さい人間やなあ、ワシ。

結局、空気入れるとこの金具が壊れてることが判明。
安くて済んで良かったけど、一軒目への疑いは、更に深まる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA