暴発三勇士(山本久土、鈴木純也、クハラカズユキ)@ムジカジャポニカ。

59歳の誕生日を迎えるのに、
大変ふさわしくないかもしれが、
本日のライブは、ムジカジャポニカで、
山本久土取さん、鈴木純也さん、クハラカズユキさんの、暴発三勇士。
ゴリゴリの爆音ロックだ。
いやいや、ワシの誕生日としては、すげえふさわしいのかもしれん。
出遅れてキャンセル待ちしてたのだが、
なんとか入れた。
キャンセルしてくださった方、
最高の誕生日プレゼント、ありがとうございます。
そう、めっちゃいいライブだったのである。

いきなり爆音で来るだろうと身構えていたんだが、
一曲目は「ハレルヤ」で、始まった。
だが、そこは、この3人、ただ美しいだけではなく、
荒涼とした大地、戦場のような光景に一、輪の花が咲いてるような、
圧倒するような荒々しい美しさだった。

この3人、一人一人のパワーやテクもすごいんだが、
それが3人重なった時の爆発力がとてつもない。
なんか暴風に晒されてるみたいな気分になる。
けど、決して、嫌な気分ではなく、むしろ気持ちええんだが。

ほんとに男くさい音楽やなあ。
男くさくて、埃っぽくて、乱暴なのに、どこか美しい。
そして濁りがなく、純粋。
ある意味、王道のパンクかもなあ。
こんだけ吹っ切れたパンク、久しぶりやなあ。
ワシにとって、パンクは、一番爽快感を感じる音楽かもしれない。
というのは、一曲一曲、聴き終わるたびに、
スキッとした爽快感を感じてることに途中で気づいたのだ。
こういうご時世なので、立ってもいないし、踊ってもいないけど、
なんか、心の中のどっかが、気持ちええ汗かいてるんやろな。

しばしの休憩挟んで二部は、バキバキのスリリングな曲から。
疾走してるかのようなスピード感がありつつ、
うねるようなグルーヴも感じる。
こりゃカッコええ。
何より、やってる3人がめっちゃ気持ち良さそう。

ための効いた曲もええなあ。
そのためとブレイクに合わせて、
自分の頭が動いてることに、途中で気づく。
今日は、途中で気づくことが多い。
頭より先に、心とか、身体が先に反応してるときのワシの特徴やな。

ラストの曲は野坂昭如さんの「マリリン・モンロー・ノー・リターン」。
これがまた、縦ノリ炸裂で、爆音がめっちゃ気持ちええ。

そのまま「諦念プシガンガ」になだれ込む。
ちょっと息ができん、、たまらん、かっこええ。

アンコール前に、チューニングがてら、雑談。
今日ちょっと意外やったんは、MCけっこうやってくれて、
しかも、かなりおもろい。
なんとなくMCゼロで、ずっと演奏し続けるんやないかと思ってた。

アンコールの曲、初めて聴いたけど、「タイムスリップ」。
山本さんが「オレヒップホップだから」と言うだけあって(笑)、
語呂を合わせたテンポええ曲。
後で調べたら、ECDさんのカバーなんやな。
けど、どこがヒップホップ?(笑)
この3人のバージョンは、やっぱりものすごかっこええパンクでした。

本日は、早い時間のスタートだったので、
終わっても、まだ7時過ぎだった。
そうか、ここからすぐ近くの某雑居ビルの
期間限定ロックバー、20時までやってたんだったな、
と覗くと、良元優作さんのお兄ちゃん、大兄ちゃんと
泊の武村さんがいてはった。

たまたま会えただけやけど、
誰にも会わず、一人で過ごした去年の誕生日と比べると、
知り合いにいっぱい会えたし、
プレゼントも頂けたし
(せい子ちゃん、おにぎり券、あざっす!!
あ、他にも頂きました。みなさんありがとうございます!)、
第一、こんな最高なライブ観れて、
ええ誕生日になりましたわ!

次の誕生日は、とうとう赤いちゃんちゃんこを着る日(たぶん着ないけど)、
ムジカは真っ赤なので、ここで祝って頂こうと、
数年前より、会場予約済み。
どんなことするかは、今から考えます。
その頃には、酒飲めて、遅くまで営業できるようになってると思いますので、
万障お繰り合わせの上、是非お越しください〜〜!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です