スーマー&パイカス@一乗寺インキョカフェ。

本日の最終現場は叡電一乗寺駅降りてすぐのインキョカフェ
いや、別に、老齢化社会マーケティングしてるわけやなく、
名字が「インキョ」さんがやってるらしいのだ。
ここが、また!すげーワシ好み。
トイレの壁のチョコチョコっとした絵まで、めっちゃ良くて、
ライブ始まる前から、好きな場所になってた。

なんだかんだ20日ぶりくらいに聴くライブは、スーマーさんと、
パイレーツカヌー男組のパイカス。(パイレーツカヌーのカスってことなん?)
まずは、スーマーさんのソロから。

スーマーさんの音楽は、前に行ったライブの続きを聴いてる気分になる。
久しぶりやのに、ずーっと、頭か心か海馬かどこかで、
スーマーさんの音楽が響いてて、今、また、
その続きがまた始まったような気になってしまうのだ。
もしかしたら鼓動に近いのかもな、と思った。
普段は意識してないけど、聴こうとすると、ワシが生きてる限り、いつもそこにある。
一年ぶりくらいにスーマーさんのライブ聴いててなんかそんなこと思い浮かべていた。

休憩挟んで、次はパイカスの3人で二曲。
パイカス、最高!スタイルも国籍も傾向も関係なく、好きなことしてて、
全部クオリティ高くて、 バランスが抜群。何より楽しい!

パイレーツカヌーも早く聴きたいけど、パイカスは、パイカスで、もっと聴きたい。
なんか基本的には、無法地帯みたいな感じやのに、
きちんと秩序を保って、ひとつの音楽作ってるってのが、たまらんくらいグッと来た。
乱暴にして、礼儀正しいグループや。

そして次はスーマーさんと吉岡さんがデュオで。

さっきのパイカスでワシの気持ちに火がついたんやけど、
吉岡さんのパーカッションすごくいい!やんちゃで子どもが好き勝手にやってる感じだけど、
テクニックが下支えしてるし、ちゃんとわきまえるところをわきまえてて、
主役のスーマーさんの音と声を、聴きたがっている。
結果的には、スーマーさんが出す繊細な音に、ちょっと微笑んだ感じが足されて、
全体としてハッピーな音になってる気がした。

そして4人で。スーマーさんとパイカス、めっちゃ相性ええんちゃうかなー。
スーマーさんの曲でも、パイレーツカヌーの曲でも、いらんもんも、足りんもんも、全くなく、
ワシの悦楽の方向に、まっすぐ、優しく、ゆっくりと向かってる気がする。
全身が弛緩して行く気分。要所要所で入ってくる吉岡さんのコーラスも含めて。
ほんま雑味のないお出汁のように、体の内部のどこをも邪魔せず、
気持ちよく体中に染みて行く音楽やった。

明日は、ワシんちのど近所、音凪で、同じメンバーでやるらしい。
ワシは明日行けないんだが(だから今日行った)、
スーマーさんのファンも、パイレーツカヌーのファンも、
みんなが楽しめるライブになること、請け合いです。
どちらのファンでない人にも、もちろん観て欲しいです。

ええもん観せてもらいましたが、やはり左京区ライブは、
アフターライブが盛り上がってるとこで帰らんとあかんのが、少し悲しいな。
左京区に住んでたら、毘沙門にも寄って帰るのになー!
けど、ワシが店を出る最後、かかってた歌は良元優作さんの「キムおじさん」の元歌、
「ミスターボージャングル」のオリジナルだったので、もちろん、名残惜しいが、
気持ちよく叡電の駅を目指した。

そして今は外れ京阪特急(急行とか準急に使う車両)の車内。

【11月8日追記】ライブレポートには音源をつけることにしてたの忘れてました。
スーマーさんがパイカスと一緒にパイレーツカヌーの曲をやってる動画を。


もうひとつ、パイレーツカヌーが踊ろうマチルダさんとやってる珍しい動画を。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA