ムジカでPiCasと女神たち〜杉瀬陽子×長野友美。

先週土曜のムジカのライブレポートです。
最初にお断りしておきますが、
ワシ、この日、久しぶりの友と、昼間から二軒飲み歩いたのち、
ライブに参加したので、
ええ音楽、まさに夢心地で聴いておりました。
つまり、半分くらいウトウトしながら「天国やわ〜〜」思ってたわけです。
なので、記憶がまだらで、従って、レポートもまだらです。
すんません!!

まずは、PiCasの3人から。
ダルい!ダルくて、気持ちええ!
PiCas3人のワンマンも、一度観てみたいです!


その3人に長野さん加わる。
音楽始まったときは、長野さんの透明度高くて、
少し和を感じる音楽と、Picasが、どう混じるのか、
想像できなかったんやけど、始まると、めっちゃ馴染んでて、
「ああ!こういう組み合わせなんやなー!」と、納得。

ちょっと昼飲みして来てしまったんで、
聴き方がおかしくなってるかもなんやけど、
昼飲みしたからこその聴き方もあるはずやしな。

長野さんの、優しく細やかなんだけど、揺るぎのない声が素晴らしい。
そこに乗っかるヨッシーのコーラスも、こそばいくらいに素晴らしい。
「雨の中」って曲が、イントロから、もう迫ってくる。
なんか滝みたいな、清らかで、気持ちええ音楽やったなあ。

二部も、PiCasから。

なんやろ?カリブの昔の音楽っぽいし、
アメリカ南部っぽい気もするし、アフリカっぽい気もする、不思議な音楽。
どちらにしろ、好きやなあ。

PiCas、単体の動画が見つからなかったので、Kasa Slimさんとの動画を。短いですが。

で、杉瀬陽子さんが出て来た。
あれ?入れ替わりにPiCas退場。一緒にやらんのかい!

そんなこんなで、杉瀬陽子さんのソロピアノ弾き語りが始まる。
杉瀬さんの声は、ホンマに透き通るようで、
さらにワシを極楽に連れて行こうとする。
それも、ええけど、完全には連れて行かんといて!
ワシゃ、現世で、この音楽聴いてたいねん!!

もちろん、PiCasは杉瀬さんにも寄生(笑)
3人ステージにあがってすぐの、ガンホくんトークが、
めっちゃおもろかった!
さすが、ガンホですわ。

そして、4人の演奏。
バンドではなく、ソロとサポートって音の構成に徹してて、
行間を埋めるように、
風景を広げるように、寄り添うPiCas。
ほんま、さすがですわ。
もう誰にでも寄生できるな(笑)
そして、杉瀬さんの音楽は、
そのサポートでどこまでも広がる。
美しい世界が広がる。
なのに、どこか寂しい気もする。
いや、寂しい人にそっと寄り添っているのかもしれない。

おお!!杉瀬さん、トロンボーンまで!!
これは初めて観た!

アンコールは、長野さんも一緒に 「Never Let Me Go」。
Bob Dylan & Joan Baezバージョンらしいです。
うひゃあ!!こりゃ名演ですわ!!

で、ダブルアンコール。
もう用意した曲、全部やってしまったらしく、
杉瀬さんが「即興苦手」ってことで、
弾き語りで一曲ずつ(笑)

ほんまにタイトル通り、女神たちに包まれて、
ワシは昇天までしてしまった夜でございました。

せい子ちゃん、今日もグッドブッキング!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

久々の得一。