ハモニカクリームズ @ムジカジャポニカ。

本日はムジカでハモニカクリームズ。
年に一度は聴かんと、ウズウズがおさまりまへんわ。超快楽ケルト。
今年もムジカに来てくれはりました。

メンバーはハーモニカの清野美土さん、フィドルの大渕愛子さん、ギターの長尾晃司さん。 
今日は、ドラムの渡辺庸介さんと鍵盤の田中佑司さんがゲスト。
五人組って初めて観るかな。
今日も始まる前から、ゾワゾワし始める。

で、一曲目からえげつないテンション。
ワシ、最後まで、付いていけるかしら。
彼らも久しぶりのツアーらしい。
その喜びが爆発してるんかもな。

MCで言わはったけど関西ツアー、
五人編成で来るのは初めてらしい。
前回から増えたメンバーは鍵盤、
さらにあの混沌が深まるのかな?と思ったけど、
田中さんの鍵盤はリズム楽器か?と思うほど、
正確に区切りを刻みつつ、淡い色を付けてる印象。
その区切りがバネになって全体の勢いを拡大する。
いやはや、すげえわ。爆風吹いてるみたい。

「レトロ」は珍しいボーカル曲。
フィドルの大渕さん、ギターの長尾さん、
レギュラーメンバーで口の空いてるふたりが歌い出す。
晩秋に似合う、柔らかく温かい曲やな。
そのハモクリにしては珍しい静かな曲の終わった、その雰囲気のまま、休憩に。

2部も頭からゾワゾワするなあ。
なんかこのゾワゾワ、すごいもんをぶつけられてのゾワゾワって言うより、
ワシの中にある何かを叩き起こされて湧いてきたゾワゾワ、
って気分になるのは、なんなんやろな。
なんかときどき胸がチクッとしたりするのは、
ワシの中にある部分が反応してるせいなんかもしれん。

曲によっては、前よりブルース的な要素が増えてる気もする。
けどハモクリならではのケルテックな疾走感は健在で、
それがひたすら気持ちいい。
ブルース的な要素も、別物をくっつけたわけではなく、
もともとあるケルティックな部分が、
その要素を飲みこんだって感じなんかもしれん。

うう、やはり2部は一部よりさらにすごい。
こんなエネルギー残してたんや!
お!ブレイクして転調。無茶苦茶気持ちええ。

もうこれが外からぶつけられてるもんなんか、
ワシの中からのものなんかとか、どーでもええ。
ただひたすら、そこにある音楽に、身だけでなく、心もまかす。

あー、あっという間にラストの曲。「最後まで揺れてってねー!」
揺れますとも。
途中から鍵盤も前に出て来るようになって、
それがまたおもろい音でダンサブル。
そこに生まれる混沌が、もうさらにさらに!
気がつくと、少し広いスペースに立って体を揺らしていた。

その勢いのままアンコール。
もう狂ったみたいに楽しいったらありゃしない。
ワシ踊ってますわ。
お!清野さん、ボイスパーカッションまで飛び出した。

鍵盤のソロもおもろい!
もうアシッドジャズと言われたら、
そうか、と思うような硬質のだけど熱い演奏。
いやあ気持ちよかったー!
最後まで踊っててもうた。

ダブルアンコールあるも、曲の用意がもうないらしく本日終了と相成りました。
ああ!まだまだ聴きたかったなー!
夕方来る時は「ちょっと寒いかな?」と思ってたけれど、
ほてった体のまま、寒さなど微塵も感じず、
ちゃりで家に到着していた。

ハモクリの新譜ライブアルバムはこちらから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA