松永希@ムジカジャポニカ。

先週金曜はいいライブが目白押し。
迷った末に久しぶりだったこともあって、松永希さんのムジカジャポニカを選ぶ。
きっとどのライブも正解だったのだろうけど、
このライブは、このライブでほんまにど正解だった。

今まで聴いた中で最も優しい歌かもしれない。
まるで羊水に浸っているような気分、包まれている感じがたまらなく心地いい。
客席も、渕上さん、船戸さん、ガンボさん、増山さん、風太さん、
磔磔の水島さんまでいらっしゃってた。
めっちゃ豪華。
やはり皆さん、希さんの関西お久しぶりライブを待ち望んでいたのだなあ。
伴奏も素晴らしい。どちらかと言うと寡黙な伴奏かもしれない。
必要な音以外を付け加えない大人の演奏。
希さんの歌を際立たせることに神経を集中されているのかもしれない。
ロケットマツさんと今井忍さんの演奏は希さんを後ろから見守るように、
そっとそこにある。
アンドウケンジロウさんは、今回ツアー初参加らしいけど、やはり、静かに歌い、
マツさん、今井さんより、もう少し近くで、
歌に寄り添ってる感じ。
石田長生さんのカバーも優しくて気持ち良かった。
今もよくCDを聴く小笠原古謡集からも歌ってもらえた。嬉しいなあ。
歌の優しさとは裏腹にMCはホンマに楽しい。
だいぶ天然入った希さんの喋りは、
計算か計算じゃないのか分からないくらい、笑いを呼ぶ。

アンコールはビッケさんの「君の名を呼ぶとき」
これはもう映画を観たような気分になるなー。
ビッケさんの歌なのに、松永希さんのために作られたかのように思える。
それくらい、希さんは自然に歌われていた。
ときどき「この人は歌うために生まれてきたのだなあ」と思う人がいるが、
希さんもまさしくその一人だ。
息を吐くように自然に、優しく、大きく歌われる。
本当にこのライブに来て良かったなあ。
ちなみにビッケさんのラブジョイってバンドは希さんの旦那さん、
故松永孝義さんがベースを弾いておられたバンド。
終了後、ロケットマツさんや今井さん、アンドウさんとも楽しくお話させて頂いた。
マツさんは今回の大阪で得一に行く時間がなかったことを
めちゃくちゃ嘆いてはった(笑)
希さんとお話するのは初めてだったが、
ホンマに気さくにいろいろお話できたのも嬉しかった。
バッチシ最高!(孝義さんの口癖)のライブでした。

と、昨日突然、ビッケさんのTwitterで、
ラブジョイ活動終了のお知らせが飛び込んだ。
なんだか、タイミングって重なるもんやなー。と驚いた。
本当は、「君の名を呼ぶとき」を載せたかったんだけど、見つからなかったので。
これも希さんらしい優しさあふれてる歌で好きやなあ。

もう一曲、この日はやらなかったけど、少し聴きたかったので、

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA