すげえ盛り上がり「ムジカ平和祈願祭〜永山愛樹×オニ×〜ゲスト:奇妙礼太郎」。

日曜は、ムジカジャポニカで「ムジカ平和祈願祭」。
出演予定やった田渕徹くんが体調不良で欠席。
なんかまとめ役みたいな気がしてた田渕くんいなくて、ど〜なんるんやろ、
と予想つきませんでしたが、すごい盛り上がる最高のライブになりました。

どこからともなく聴こえてくる「たーぶちかわいそーたーぶちかわいそー」の声で
オニちゃん登場。
オニちゃん、今日も明るく楽しく狂ってる(笑)

お、珍しい。アコースティックギターのオニちゃん。
普通にいい!きれいな声、美しい歌。
こういうオニちゃんも好きやなあ。
なんかタッチューの見える伊江島のカーサ・ビエントで
ビール飲みながら昼寝してる時のこと思い出してた。
ときどき乱暴者のオニちゃん挟まるけど(笑)

乱暴なオニちゃんも、優しいオニちゃんも、
純粋で濁りがないって意味では同じやなあ。

奇妙礼太郎くん飛び入りでギターバトル&吠え合い(笑)
どーなるかと思ったけど、この二人意外と近い種類の生きもんかもしれん。
オニちゃんにいじられる奇妙くん、おもろい!!

二人、どころか観客まで巻き込んで「たぶち」の連呼(笑)
最後は「田渕徹!イエイ!」て、なんやそれ。
オニちゃん、とうとうチューニングの間、奇妙くんに自分のライブ告知させる。
自由やなあー(笑)

ラストの「紫陽花」はガッツリ、デュエットしてくれた。
むっちゃええ。奇妙くんの声って、耳元で囁かれてるようで、
誰にも言ってないことを、ワシだけに教えてくれてるような気がするなあ。
それが真っ直ぐなオニちゃんの声と絡まって、
非常にプライベートな感じになってる。良い。

続いて奇妙礼太郎くん。
奇妙くんは、今日やむなく病欠した田渕くんを思って、
田渕くんが奇妙くんに書いた「エロい関係」から。
田渕、愛されてるぞ!早く帰っておいでよ!
曲間に挟み込んだ田渕くんのプライベート暴露に大爆笑。
ここでは田渕くんの名誉の為、伏せておきます(笑)

新曲にも大爆笑。
奇妙くんは、もう何を歌っても奇妙くんやなあ。
ある意味、達人やなあ。
声の気持ち良さが、そのまま歌の気持ち良さになってる。

今度はオニちゃんがステージに出てきて、
紙に書いたオニちゃんの言葉で即興演奏。
文字が小さ過ぎて、読めなかったりして、
笑いも挟みながら、なんかカッコええ音楽として成立してるやん!すげえ。
どうも「愛とあいまい」という言葉やったようや(笑)

トリは永山愛樹くん。
予定では、これプラス田渕徹くんやってんもんなあ。
すげえ豪華。

愛樹くん始まったとたん、ムジカ全体がうねり始めた気がする。
やっぱりこの人もすげえわ。
一人一人のリアルはそれぞれ違ってるはずなのに、
この人のリアルはホンモノのリアルだと分かるのはなぜなのかな?
愛樹くんの中に、音頭的なものがあるのも、
この真っ直ぐな出方からすると、リアルなんやろな。
ときどきアフリカンなリズムも混じる気もする。
一人の人間にも、いろんなうねりがあるもんやなあ。

「ワイド節」は、やっぱり盛り上がるなあ!
さあ全開!
愛樹くんにかかると「アナーキー・イン・ザ・UK」も音頭調に。
オニちゃんも奇妙くんも踊りまくってる。

とうとうオニちゃんステージへ。
観客も踊りまくり。

こんなライブ、久しぶりやな。
盛り上がりっぱなしでラストの「いろいろ」へ。

アンコールはビクトルハラの「平和に生きる権利」の、愛樹くん訳。
これ初めて聴くかもしれん。
めっちゃ良かった!

ラストは「釜山港へ帰れ」
きっと、そこにリアルがないと、ホンモノのうねりって出てこないんやろな。
これ聴きながら、そんなこと、ちょい思った。

おお!奇妙くんが、オニちゃんがステージへ!
勢いでもう一曲「夢芝居」(笑)!

踊ったからだけじゃなく、
体の芯が熱くなるような、そんなライブを久しぶりに体験した。
「どないなるんやろ」という心配は、
まったく必要ありませんでした〜。
もう一度、同じメンバーでやってほしい。
もちろん、次回は田渕徹くんも一緒に。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA