フィクションのスパイ映画とか観てる場合ではない。映画「ナワリヌイ」。

いやはや、凄い時代になったもんだ。
本人が出てくるドキュメンタリー映画なのだが、
「本人役」とか「再現フィルム」とかではない。
まさに罠を仕掛けたりする、その場面の、スマホで撮ったのか、
その映像そのものも使われている映画なのだ。
しかも、そのストーリーが、フィクション映画以上に、
ドラマチックでスリリングなのだ。

プーチンの政敵、アレクセイ・ナワリヌイのドキュメンタリー映画
ナワリヌイ」を観てきた。
途中何度も、ドキュメンタリーということを忘れるほど、
映画にのめり込んでしまった。
ほんまに、こんなスパイ映画のような、ゴルゴ13のような仕掛けで、
事実が明るみに出たりするもんなんやなあ。
インターネットやデジタルの能力を駆使した展開、
こういう時代になってきたんやなあ、と驚いた。

しかし、デジタルで出来ることを結集したら、
もしかしたら、この映画自体、ロシア政府側の言う、
フェイクかもしれない、、と疑い出したら、
永遠にキリがなくなってしまう。
ほんまに真実に辿り着くのは、
却って難しい時代になってしまったのかもしれん。
とりあえず、ワシは、今のところ、
この映画のことを真実だと思っているのだが。

いずれにしろ、どんなことがあろうと、
その人の政治的主張が国家の方針と違うことで、
逮捕されたりする社会を、ワシは「正しい」とは思えない。

関係ないけど、この映画、シニア料金で初めて観た映画だった。
大きな映画館に1,200円で入れるのは、なかなかに気持いいものであった。
ほんまは、還暦迎え、自分が老境に入ったことを自分に言い聞かせようと
PLAN75」を観るつもりだったのだが、
公開初日やったようで、ほんでやっぱりリタイア世代が興味持つ映画のようで、
曜日関係ないのか、満席に近い混み具合だったので、
こっちにしたのだった。
いずれ、PLAN75も観に行くだろうけど、
そっちが混んでたおかげで行くかどうか迷ってたナワリヌイ、
観に行けて、ほんま良かった。
観逃してたら、絶対後悔する、凄い映画でした。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

歩き疲れては。