お向かいに、おにしさん。

龍谷ミュージアムに行って、向いに西本願寺が見えたので、
「そうだ、行ってみよう」と思いつく。
つい先日、おひがしさんに行ったばかりやったし。

おにしさんもおひがしさんと似た構造してて、立派なもんが二つ並んでるのだが、
せっかくなので、より立派な阿弥陀堂門から入ることにする。
あれ?北に阿弥陀堂で、南に御影堂?
確か、おひがしさんは逆やった気がするが。
調べてみると、やはり逆。
なんか謂れがあるんやろか。

あと、御影堂門の正面に、沖縄のヒンプンのような塀があるんは、なんでやろ?

普段は、きちんと全部観終わってから土産物を観るのだが、
この日はあまりに暑く、おにしさんの建物は、あまりにでかく、
ばてそうだったので、手前にあるお土産物屋さんに先に入ってみる。

おおっと!お土産物のクオリティは、おひがしさんより、おにしさんの方が断然高いぞ!
ええ?beamsとコラボしてるのか!
販売されてるのは、西本願寺とのコラボ商品、beamsの中でも和を意識したもの、
そしてなぜか寅さんとのコラボ商品など。

「どうせ高いんやろな」と思って値札見ると、え?って思うくらい安い。
逆さに置くと、富士山になる茶碗、大きさ3タイプなのだが、
一番大きなラーメン鉢くらいのやつで、¥1.650。
ワシは¥700円の一番小さいやつ買いました。
beamsオリジナルで700円なら安いなあ。
あと、寅さんの小物入れも。
綺麗にワシの弱点突いて来ますわ〜。

さあ、境内を廻って、阿弥陀堂、御影堂へ。
おひがしさんに負けず劣らず大きな木造建築。
何畳あるか数える気も起こらん、畳敷き。
頭上の巨大な照明のレリーフも鳥&葡萄だったり、菊かなんかの花だったり、素晴らしい。

では、体力温存して、飛雲閣に行くか。
あれ?行っても行っても飛雲閣の入口がない。
唐門まで着いてしまった。

唐門の左手、飛雲閣のある方向が工事中やな。
もしかして、飛雲閣、工事中で入れずなのか?
いやいや、龍谷ミュージアムから観た時、覆いとかなかったし。
諦めきれない。
回り込むことにしよう。
途中の見学も忘れずに。
唐門の向かい、白書院かな?の屋根も美しいなあ。

御影堂のトイは邪鬼?が、じっと支えていた。
かわいい!

境内からは飛雲閣見えてるんだがなあ。
入口ないなあ。

結局、境内から入る場所は見つからず。
けど、飛雲閣はおにしさんの一番南側。
もしかしたら、南から入れるのかも、と、
一旦堀川通に出て、逆方向から行ってみることにした。

やはり唐門に着いてしまった。
と言うことは、やっぱり入れないのだ。
ちょっとガックリだけど、諦めついた。
唐門のとこまで来たので、
龍谷大学の洋館建築の校舎も観られたし。
良しとしよう。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA