サイクリング・トゥ・イチグスクモード。

やはりチャリは行動範囲が広がる。
歩きだと目的地までほぼまっすぐ行くし、
車だとなおさらだが、
チャリだとわざと寄り道したくなる。
通ったことのない路地を選んで通る。
地元の人以外、絶対車で通らないような路地を。
閉まっていたが石垣氏庭園の前を通ったり、
フィッシャーマンズデザインという
気になる個人宅みたいなのを見つけたり。

中でもめっちゃ気になる建物があった。
ニューヨークっぽいポップアートな看板。
イチグスクモードとある。

外観撮り忘れたので拾いです。


ご主人らしき人に中に入っていいか尋ねると、
掃除中ですがどうぞ、とのこと。
中に入ると、ポップな版画や絵や立体物、
モチーフは島バナナだったり、
沖縄にちなんだものが多い。
そのビジュアルを使ったTシャツや、ボタンシャツもオシャレだ。

聞けば、版画も、絵も、立体物も、服までも、
みんなご主人の手作りらしい。
へー!すごいですねー!と驚きつつ、
ワシの入りそうなサイズのものがあまりなく、
ネットなら手に入ると聞いて、
ショップカードをもらい、帰ろうとする。

と、BGMで流れてきたのは、
お!貘さんの曲。
これは佐渡山豊さんが歌ってるやつ?
聞くと、やはりワシの大好きな名盤「貘」に入ってる演奏だった。


ご主人、貘さんが大好きで、
貘さんのご遺族の許可を得て貘さんTシャツ作ったり、
「詩とファンタジー」て雑誌の貘さん特集でイラスト描いたりしたらしい。
お互いの貘さん愛を語り合い、
興奮して、facebookで繋がると
共通の友人に、なかじましんやさんとヨシトくん!
これまたすごい共通の友人だと、またひと盛り上がり。

BGMはシャッフルモードだったらしい。
いやあ、あのタイミングでシャッフルで
貘さんの曲が流れてこなかったら、
「センスええ店見つけたな」で
終わってたかもしれない。
素晴らしき哉、寄り道旅。

最後にご主人が持ち出してきたのは、
ご主人お手製の服を着た太陽の塔。
太陽の塔が大好きで、いつか太陽の塔に服を着せたいのだが、
太陽の塔の手が長すぎて、
普通のアロハみたいなシャツだと入らない。
後で縫い合わせるのは服じゃないからと
工夫して背中に下からジッパを取り付けたらしい。
そしたらちょうどジッパのところに第三の顔が覗くことになった。
岡本太郎さんは、このことを知ってたのかもしれない、
とすごく嬉しそうな顔で語られた。
きっと、ご主人、その時、岡本太郎さんと
会話できたような気持ちになったんやろな。
ええ話が聞けた。

気がつくと、自転車を返却する
予定の時間を遥かに過ぎていた。
そんなに話し込んでしまっていたのか。
けど、追加料金も取られなかったし、問題なし。
めちゃくちゃ嬉しい出会いだった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

和居津で雨宿り。

次の記事

ウリョン恋しや。