【すごかった5月1日のライブ】その2 ちくわぶ。

すんません!
ゴールデンィーク後半、ほうけるように遊んでいたのと(前半もだけど)、
家のPCの調子が悪かったので、アップできませでした。
シリーズ第2弾です。

ちくわぶさんのライブは2回目、と言っても、もう3年くらい前なので、
今回も、すごく新鮮に聞けた。

まず、二人の音楽のセンスが尋常じゃない。
野崎さんの「ギターってリズム楽器なんだな〜」と思わせる正確で心地よい刻み。
気持ちよく横道にそれる奔放なEmmaさんのボーカル。
二人とも芯がしっかりしてるから、どこへ飛んでいっても、
決して見失うことなく、ひょいっと帰ってくる。

Emmaさんの自由さはボーカルだけでなく、カズー、横笛、スライドホイッスル
(?ていうのか?スライドして音程変える縦笛)、など、どの楽器でも、発揮される。
特にすごいのが、スライドギターだ。ロックやブルースをやるギターキッズなら
誰でも欲しいようなドスの効いた音を、実に肩から力を抜いた感じで出すのだ。

ベースはアメリカンルーツミュージックなんだろうけど、
大阪からは絶対に出てこない音、なんというかブルースとの向き合い方が、
客観的で、スルッとしているのだ。
大阪だと、良くも悪くもブルースとの長い歴史があって、そこを無視しては通れない気がするのだが、
ちくわぶさんは、その辺「え?ごめん知らなかった〜〜」と素通りしちゃってる感じが
すごく面白い。(とか言いつつ「嫌んなった」とかはカバーしてはるんですけどね)

泉邦宏さんとも一緒にCDを出してはって、今回も泉さんの曲を何曲かやってくれた。
鈴木常吉さんの「鉛の兵隊」のカバーも聴きたかったなあ。

ちくわ朋彦さんとちくわぶさんは「ちくわ繋がり」で関東でもときどき一緒にやってるみたいだ。
とんちピクルスさんとトンチさん(トンチさんはワシ未聴)も福岡で一緒にやってるみたいなんで、
どうです?真ん中の大阪で、その4組で「とんちくわ」ってイベントやりませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA