ゆにおん食堂。

良元優作さんのtwitterで、ゆにおん食堂が通販を始めたと知った。
ゆにおん食堂は、東京六本木一丁目の駅に近い洋食屋さん。
なぜワシがイメージとは真逆の六本木の店を知ってるかというと、
ここのご主人の段さんが、昔大阪までライブ観に来たときに、知り合ったのだ。

確か、十三の雑葉さんで、ナオユキさんと伊藤せい子ちゃん、
おまけに良元優作さんというワシの大好物の3人がライブしたときだと思う。
あの頃は、雑葉のお母さんも元気だったんやなあ…。

それ以降、段さんとはリアルにはお会いできてない。
だけど、Facebook通じて、ときどきやりとりしてるうちに、人柄の良さが滲んできた。
ワシは根拠もなく、料理には、その人の「らしさ」が出るもんや、と思ってるので、
いつしか、「一度、この人の作る料理を食べてみたい」と思うようになってた。
一度、東京出張のときに寄ろうとしたのだが、定休日で行けなかった。
あのときは、悔しかったなあ。

それ以降、東京に出張する機会も減って、行っても、日帰りだったり、
自由になる時間があまりなくて、行けず終いだった。
昨年、会社を退職してしまったので、
「ああ、なかなか行く機会もないだろうな」と諦めかけていたときに、
この情報!
優作さん!ありがとうございます!!
その通販サイトはこちらです

早速、ビーフカレーとハンバーグと、ステーキソースを注文する。
昨日、到着したので、
浜田真理子さんの配信を観ながら頂いた。

※写真はゆにおん食堂の通販サイトから拝借しました。

うんまいっ!!何これ?
ワシは、こういう昔ながらのトロトロカレーが結局は好きなので、
写真で見た時から期待してたが、
期待を遥かに超える、奥行きのある美味しさや。
野菜の溶け込んだ深い味。トロトロなんで、ご飯によく絡む。
…と、ここまでなら昔ながらの洋食屋のカレーのようだが、
そこからさらに、いろんなスパイスが加わって、
今まで、ありそうでなかった味になってる気がした。
昔ながらのトロトロカレーに、今時のスパイスカレーの要素を足して、
練り込んで「この一点!」という調和に達してるのではないか、と思った。

付け合わせの温野菜に、ステーキソースをかけた。
うわ!これも味がガラッと変わる!!
これも神戸あたりの老舗洋食屋で出てきそうなソースに、
スパイスを足した、懐かしくて、新しい味だと思う。
ワシが適当に切って、レンジでチンしただけの温野菜が、
一流の洋食屋の味になった気がした。

そして今日、いよいよ本命のハンバーグを頂いた。

※写真はゆにおん食堂の通販サイトから拝借しました。

これが、またすごい!!ひとことで言うと、肉肉しい。
粗挽きのミンチが舌触りがざらっとしてて気持ちよく、
噛み応えがすごくて、どれだけ噛んでも、味がなくならない気がした。
一口、何も付けずに食べて、その後、ゆにおん食堂のステーキソースで頂いた。
何も付けなくても、肉の旨味で十分行けたが、
ステーキソースをかけると、またそれが、さらにレベルアップするのだ。
200gとボリュームもたっぷりなので、一個で満腹になったが、
満腹なのに、まだ食べたい、と思ってしまった。
食って、わりとすぐに、これ書いてるので、まだ満腹なのだが、
書いてるだけで、また食いたくなってきてしまう。
三個セットを買ったので、まだ冷蔵庫には残ってる。
今、ワシの中では、欲望と理性が大喧嘩している。

しかし、食べログを見たら、目玉焼き載せて、
ビスマルク風にしてる写真があった。

※写真は食べログから拝借しました。

よし!次はコレをやってみよう!
そのために今日は我慢しよう。
(いや、もう一個食っても、あともう一個残ってるで)
こら!欲望!!うるさい!!

ワシが手を加えてもこんだけ美味い、ゆにおん食堂。
いつかぜひ、お店に行って、段さんが作ってくれた料理を
ゆっくり味わって、極楽気分に浸りたいもんだ。

最後、もう一度、通販サイトのご案内。
ぜひ、一度、こちらから、お取り寄せしてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA