モダンDJ特撰集、かえる、とんちピクルス@音凪。

11月1日のしゃぼん玉感謝祭と、うって変わって、
昨日は、ある意味肩から力の抜け切ったライブ。

泊の武村さんとPOPOの山本信記さんのモダンDJ特撰集
(なんちゅうバンド名や!)と、かえるさん、
そしてとんちピクルスさんのライブ@音凪でした。

開演30分前くらいに着いたら、もう武村さんと山本さんが、
なんかやってる。

武村さんはギター、山本さんはトランペット&鍵盤で、
いろんなメロディーに乗せて♪~モダンDJ特撰集~という
ジングルらしきものを何パターンも。。
やがて、開演時間になると、かえるさん、とんちさんも席に着く。
どうやら、今日は対バンではなく、全員で座って、
交代交代でやるみたい。
しかし、ルールも何も決まってないようで、
その場その場で、なんとなくルールが決まってゆく。
かえるさん、とんちさんが2曲ずつやって、
その間をモダンDJ特撰集がジングルやちょこっとした曲でつなぐ、
というルールが決まった頃には、
モダンDJ特撰集が「ぼくらもうジングルのネタがない」と言いだす、
ユルユル展開。

それでも「人がやってる曲で入れる曲は入る」ってルールができたり、
二部に入ると、「誰かがやった曲で、思いつく歌があればそれをやる」
みたいなルールも出来上がって来たような。。
トンチさんの「沖縄へ行きたい」ってゆー歌の次に、
モダンDJ特撰集が「安里屋ゆんた」のメロデーのジングルをやったり
(すでに一度演奏してたけど)、
トンチさんの歌中のセリフの「一期一会」に反応して、
かえるさんが「いちご白書をもう一度」を歌ったり。

笑ったのは、かえるさんが「じゃあ、オクノさんのモノマネで」と
やった曲が、声も節回しもオクノ修さんにそっくりだったこと。

最後はなぜか「スタンドバイミー」のメロディーに、
「この秋、人生で初めて体験したことをアドリブで歌う」
って、お題をとんちさんが出して、
大喜利みたいなことに。
突然過ぎて、みんな返せませんでしたが、
とんちさんが「まあ本日は出演者自身、どこに行くかわからん
霧の中を、4人で進んで行くって感じでした」
と、映画「スタンドバイミー」との共通点を語り、
うまいこと落ちをつけてくれはって、大団円。
アンコールはまんタッチ音頭篇という本日らしい、
終わり方を迎えたんでありました。

あ~~ユルユルで、おもろかった!
あと、二時間くらいやれば、
ほんまの阿吽の呼吸になってたと思います。(たぶん)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA