YAGARICCA&桜川春子trio@ムジカの暴動〜雛祭。

昨日は3月3日、雛祭だったので、
女性がご主人のお店、ムジカジャポニカへ。
雛祭なので出演も女性(ほぼ)。

いやあ、エラい雛祭もあったもんです。
喉に引っかかりまくる甘酒飲まされました。
あ、めっちゃ美味しかったんですけどね。

1組目は、ンダリカさんととヤガさんのYAGARICCA。
ギターと鍵盤ハーモニカの素朴な音と、
迫力あるンダリカさんのボーカル。
うん、シンプルやけど、コクのある音やわ。

お!ドラムの田中良太さんが加わる。
今日唯一の男子。
シャキシャキ気持ちいい音で、いきなりめちゃロック!
3人で、ベースレスで、このドライヴ感は、すごいな。

田中さんともう一曲、シタンダリンタ監督の映画にも使われてる曲らしい。
そう、ボーカルのンダリカさんは、今をときめく10代監督、
シタンダリンタくんのお母さんなのだ。
会場には、リンタ監督の姿もある。
ちょっと切ないバラード系のええ曲でした。

二人に戻って、ハモニカを鍵盤に変えて、
ドラムとベースの打ち込みの曲を。
ちょっと暗めのダブ入った感じで、ワシの好きな路線やな。
打ち込みがイントロ終わりの絶妙なタイミングで止まるアクシデント(笑)
焦らず笑いに変えて、他の路線の曲にするのは、さすがベテラン。

最後の曲は、再びアコースティックギターと鍵盤ハーモニカ伴奏で。
広がりのある曲、ダブ的なエコーも気持ちええ。
思わずうつらうつら。
ああ、まんまやけど、夢心地やな。 

さあ、ほんで2組目は、
「雛」でええんか?まあ、ええか。
桜川春子ちゃんが今日はトリオで登場。

さっきも出たドラムの田中良太さんと、かんちゃん。
今日は完全にベースレスの日やな。
雛人形コスプレかと思うと、
チャンチャカチャンチャンと登場、小梅太夫だったようですわ(笑)

しかもこれ、登場シーンだけやったようで、
一曲も歌わずステージで着替え、もうやりたい放題すわ(笑)

いきなり淡路島玉ねぎ農家の娘の話のリーディング。
ん?これは上沼恵美子がモチーフの話なのか?
曲が始まる。この春子ちゃんの入り込み方はすごいなあ。
もう憑依の域やな。

かんちゃん、不思議な格好で演奏してると思ったら、
占い師役も兼ねてたんや。
「指相がない!指相ない!」からの「ユー・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」(笑)
笑わせるわあ!
けど、笑わせるだけやなくて、音楽は音楽で、ちゃんとおもろいんす。
田中さん、かんちゃんの強力サポートで、
春子ちゃんの迫力あるシャンソンみたいな独特の歌。
なんや次第にストーリーに引き込まれてるぞ、ワシ(笑)
おもろいんやけど、なんか騙されてる気がするのは、なんでやろ。

また服脱いで、かわいらしい歌。
歌声もコスチュームもかわいければかわいいほど腹立つ(笑)
ひとつひとつの仕草がいちいちおもろい。
なんかスイッチ入ってもた。
もうおもろくてたまらん。

ステージ上で着替え、4着目のコスチュームで、出ました!上沼恵美子!!
春ちゃんの上沼恵美子は、もう顔が似てるとか似てないの次元超えてて、
なんとなく憎らしいとこ、腹黒そうなとこまで、オーラそのものが恵美子やわ。
芸として、笑いながら感心してしまう域に達しておりますわ。

ここで終わりかと思ったら、お姉ちゃん役でンダリカさん出てきて、一芝居。
意表つかれたー(笑)
そのまま「大阪ラプソディー」でフィナーレ。
ワシは何を観てるんやろ。
ほんでちょっとウルっと来てるのは、
きっと、やっぱり、どっか騙されてるんやと思う。

そうそう、春ちゃんは、この騒動で公開が遅れてるけど、
シタンダリンタ監督初の劇場公開映画、
「そのママ弾いて」の主演女優でもあるんでした。
で、かんちゃんは、その映画でも、音楽やってるらしい。
リンタくん、そら、来てるはずですわ。
リンタくんの映画、今の所、全部ワシのツボにハマってるし、
知り合いのミュージシャン、山ほど出てるんで、
はよ、観たいんですわ。

ほんま、笑いっぱなしの雛祭でございました。
終わってから、リカさんと話ししてたら、
30年来のワシの仕事仲間の裕美さんとリカさんが友だちと知って、ビックリ!
リンタ監督、春ちゃんやかんちゃんともゆっくり話せて、
短いのアフターライブでしたが、楽しく過ごさせていただきました。

このライブは3月24日まで、配信でお楽しみ頂けるようです。
ご視聴の方、投げ銭、よろしくお願いします!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です