音楽ならではの表現、セルフカバー。

考えたら、昔自分の作った表現を、もう一度、
新しい表現として作り直せるのって、
文学なんかにはない音楽の特質かもな。
映画とか絵画でも似たことあるけど、
なんかちょっと違う気がする。

若いときに作った曲のセルフカバー、
味わいが深まってたりして、
比べて聴くの、けっこう好きです。

アメリカンユートピアのこと考えてて、思いました。
とりあえず、トーキング・ヘッズの
「Burning Down the House」の新旧バージョンの動画を。

まずは、プロモーション・ビデオ。

当時のライブバージョン。

アメリカン・ユートピアのバージョン。

もうひと比較、
奥地さんが教えてくれた「One Fine Day」。
これも、最初聴いたときは、あまり印象なくて、
今回「新曲?」と思ったんですが、今回聴くと、すごく好きになってしまいました。

まずは、オリジナルバージョン。

こちらは、2年前のバージョン。コーラスがいいです。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

初花。

次の記事

お知らせ。