映画「ミス・マルクス」。

ミス・マルクス」、女性運動家としての側面の掘り込みが浅いせいか、
女癖と金遣いの荒いダメ男に振り回される女性の映画にしか思えなかった。

ワシが彼女のことをほとんど知らなかったりとか、
観方が一面的、とかの問題あるのかもしれないが。

期待してただけに残念。

音楽は良かった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ちらほら月夜。