良元優作@雲州堂。

今日は、家からチャリで10分くらい、
北浜の雲州堂で良元優作のワンマンがあった。
行かんはずがないわな。

雲州堂の音は、まろやかに広がる。
優作の音にすごく合ってる気がする。
ギターの音が、一音一音きちんと聴き取れる。
プラス柔らかく感じる。
そこに、今日はちょっと優しい優作の声が載る。
なんか歌に包まれてるような気分に浸る。

「サンバレー」がすげえグッと来た。
ギターをかき鳴らす音が、ワシの胸もかき鳴らすようで、
シャウト気味のボーカルが、
もちろん見たことない子ども時代の良元兄弟のシーンに、
ワシをひきづりこむ。
それは思わずニッコリしてしまう光景やった。

おお!初めて聴く。
有山じゅんじさんと木村充揮さんが歌ってた「陽よ昇れ」のカバー。
すっと歌いたかったけど、なんだか時期が来てない気がしてたらしい。
「そろそろ歌ってもええかな」と思ったときに立ち合えたことが嬉しいな。

いつも以上に激しい「ペンノレ」のとき、
なぜか両足の指が炙られてるみたいに熱くなって、
おかしくなってないか確認した。
別に何もなってへんかった。
よう分からんけど、歌が原因なんやろな。

雲州堂は、なんか不思議な場所やなあ。
ここより狭いところで優作がやることもあるのに、
なんかここは、人んちで観てるような気分になる。
他の観客さんも含め言葉交わすわけでもないのに、一体感がある気がする。
そんな気分は、他のところではあまり感じない。
だからか分からんけど、優作の声がすごく耳元から出てるような錯覚に陥る。

二部はエレキに持ち替えて始まった。

久しぶりに「光あふれる国」からやった。
チチ松村さんの作詞らしいけど、
チチさん、きっと優作が歌うこと想定して、歌詞作ったんやと思う。
それくらい優作に合ってる。

この場所で鈴木常吉さんバージョンの「ダーティー・オールド・タウン」。
なんかいろんなことが思い浮かぶ。
優作の今いる場所に常吉さんが座って、
「ダーティー・オールド・タウン」歌ったな。
怒鳴ってるのか思うほど、声張り上げてたり、
帽子を飛ばしたり、したな。
それはまるで昨日のことのように思えて、
悲しいとか、そんな感情には繋がらない。
ライブ終わってしばらく経った今、
「もう二度と観られない景色なんや」と実感して、
やっとジーンとして来た。

「帰り道」は目を瞑りながら聴いてみよう。
なんかジーンとして、情景が頭に浮かぶのだが、
それが全部、雲州堂から歩いて5分くらいのとこだった。
黄色い点字ブロックは難波橋に、
面接会場は全農ビル、
ど派手な看板は西天満。
優作の歌詞が日常に根ざしているからなのか、
ワシの想像力が貧困だからか(笑)

「銭湯」楽しい。
おお!「愛さずにいられない」!
まさにこの会場を、このライブを愛さずにはいられない、
と思うと、キュンとする!!

お!ウクレレに持ち替えた。
ラストはウクレレでインストの「アベマリア」。

今日までは緊急事態宣言。
音止め時間が迫っていたが、ギリギリ、アンコールできる時間だった。
アンコールは「京阪電車」で。

ギターの音が美し過ぎる!
念入りに、念入りに今日のライブのほっこり具合を
忘れられないものにしてくれた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA