島の休日。

こないだの日曜、島酒と島唄を味わいに大人の遠足に行ってきた。
沖縄やないけど。
淡路島。
いやあ、楽しい一日でした。

一週間前くらいは台風を心配してたんやけど、
素晴らしき晴天、
緊急事態宣言も明けて、
参加者全員ワクチン2回接種済み、
とりあえず、心配することはあらしまへん。

もう行く電車の中からテンション上がる。

明石のジェノバライン乗り場で、同行者たちと合流。
昔、社会人なりたての頃、よう淡路島行ってて、
その頃はまだ明石海峡大橋、かかってなかったので、
明石からフェリー乗ってたはずやけど、
全然、町とか覚えてなかったなあ。

淡路島や、淡路島を通っての徳島にはよく行くのだが、
船で行くことはないので、船に乗るってだけで、旅行気分があがる。
しかも、この船のコースは。。。

通過して、逆サイドから。

いやあ、楽しい!
座ってる暇がない。
もうこれだけでも「来て良かった」思ってる。

島について、別所さんのガイドで岩屋の町を散策。

昔、フェリーで来てたときも、岩屋の町は、通り過ぎるだけだったので、
町歩きしたのは初めてやと思う。
昭和の風情の残るええ町やなあ。
路地のひとつひとつに味がある。
この町が九州にあったら、
絶対二階堂のロケに使われてたやろうな、と思う。

食べ物を調達して、海岸へ。

日差しもポカポカ暖かく、風もそんなになく、
最高の海日和。
林屋の刺し身も紋六のお好み焼きも焼きそばも美味くて、
なんの文句もない時間。
八重泉に白百合、ここはやはり八重山なのか?
川島くんと山中さんが三線を弾き始める。島唄が聴こえる。
ああ、やっぱり八重山に違いない。
もう二年も沖縄に行けてない。
なんかジワ〜〜と嬉しくなるが、どこか寂しくもある。

この辺りから記憶が溶け出す。

4人で銭湯に行って、そのあと、銭湯併設の立ち飲み屋で
楽しんだはずなのだが、そのへんの記憶がまだらになっている。
ご迷惑をお掛けした皆さん、申し訳ない。

ほんまに楽しい一日でした。
これに懲りず、また誘ってください。
よろしくお願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA