ムジカの森から至福〜Colloid×サキタハヂメ登場。

先週土曜、待ちに待ったライブに行ってきた。
コロイドとサキタハヂメさんの初共演!!
コロイドはもちろん大好きだし、サキタさんも何度かライブに行ってたんだけど、
この共演は、予想してなかった!
どうなるかも予想できんけど、絶対すごいライブになるだろうことだけは確信してた。
おちょやんにドハマリしてたワシにとっては、
おちょやん以来、初めてサキタさんを観る、という意味でも、
ワクワクするライブであった。

まずは、コロイドから。
いきなり五人全員のア・カペラ。
驚かせてくれよるわー。

ベースラインが曲全体を動かして行って、
よう子ちゃんの子守唄と、ひろちゃんの朗読が絡む。
すごい日本っぽい気もするけど、
安友子さんのリズムはアフリカンな感じでもある。
アッコちゃんのバイオリン、音は控えめだけど、存在感は抜群。
なんかむちゃくちゃ新しい音やなあ、思うのに、
一方で懐かしくも感じるのはなんでなんやろ。
とにかく、始まりから凄かった。

「やがて大河になる最初の一滴」。
なんかそんな言葉を連想する。
コロイドの音楽は、自然と密接に繋がっている。
その視点は、そこで生きる小動物の地面スレスレになったり、
その自然を創った神さんの俯瞰の視点になったり。
伏流していた水が、奥深い山の崖から染み出し、
流れを集めて、大きな川になって海に注ぐ。
その一連が、一曲になってるような気がしたのだろう。

お!新曲かな?なんかブラジルっぽい。
五人がバラバラに歌ってるのに、
まとまってる感じに聴こえる不思議な歌やな。

おお!ここでサキタハヂメさん登場!!
「えげつないね、コロイドは」のひとことから(笑)
コロイドの「鳩の夢」にサキタさんが加わる形やったんやが、
サキタさんのボイスパーカッションがおもろかったのか、
よう子ちゃん、歌い始めるの忘れてて、
コロイドでこんなに会場笑ったことないわ!ゆーくらいの大爆笑。

なんか不思議な弦楽器を弓で弾くサキタさん。

音楽はめっちゃすごく、MCはむちゃ楽しい。
ええコラボや。
ああ!ミュージカルソウ。
コロイドの曲やねんけど、おちょやんに思えてしまうワシは、重症のおちょマニア。

一部ラストは「夜の舟」。
サキタさん「ちょっとゲスト」って感じやなく、
ガッツリ曲のど真ん中で全体を引っ張る。
後半、ボーカルが盛り上がってくると鉦に持ち替え。

ほんま、曲の芯の部分掴んで、それを広げてはる感じ。
大好きなこの曲が、何度も聴いたこの曲が、
めっちゃ新鮮に聴こえる。
もう、やばいくらい良かった!

二部はサキタさんのソロから。
サキタさん、話もめっちゃおもろい。
古事記の話に大笑いして、その古事記にまつわる曲。
あ、そーゆー神話的な話と、ミュージカルソウって、めっちゃ相性ええと思う。
むちゃくちゃ健全にトリップしてる気分。

さっき演奏してた三弦の楽器は、サキタさんの住む河内長野(奥河内)の木で作った、
サキタさんオリジナルの三弦楽器で通称「おっかさん(奥河内、三弦から)」らしい。
ピックで弾くと東南アジアっぽく、
弓で弾くとモンゴルとか内陸部っぽい不思議な楽器やなあ。

コロイドのメンバーが三々五々、ステージへ。
サキタさんの曲をコロイドと、のコーナー。
「るるるの歌」、いい!
このコラボも不気味な仕上がりで、おもろいー!

もう一曲、「々の歌」(ななしのうた)は渕上純子さん作詞らしい。
ええ歌、ええ歌詞、ええ演奏!!
いやあ幸せやのお。

さあコロイドの曲で「夢のはらわた」サキタさんも驚く、すげえタイトル(笑)!
ただでさえ幻想的な曲が、ミュージカルソウ入って、もう浮遊しまっくってる感じゃ。

おおラストは「鳥の歌」。
サキタさん、今度は口琴?
これもめっちゃおもろい仕上がりになってるやんかー!
盛り上がる盛り上がる!

アンコール一回目は、観客も歌う。まあ緊急事態宣言も終わったし、
みんなマスクしてるし、ええですよね!
ワシも歌う。気持ちええ!

ダブルアンコールは、「森の歌」やったー!
サキタさん、使ってない楽器一掃セール(笑)

最初から最後まで、美味しいとこがギュッと詰まった、
美味いたい焼きみたいなライブやったなあ。
ブッキング、せいちゃん!天才!ありがとう!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

新世界から聖徳太子。

次の記事

島の休日。