アナログ盤「スピリチュアル・ユニティ」発売。

20年の時を経て、あの名盤がアナログ盤になった!

沖縄民謡の宝、登川誠仁さんとソウル・フラワー・ユニオンのコラボ、
しかもプロデュースは藤田正さんと、そのソウルフラワーの中川敬さん。

20年前、発売されるの、ワクワクしながら待った記憶が蘇るなあ。
ほんで、いよいよ聴いて、期待以上の音楽にゾワゾワした。
せいぐゎーと中川敬さんの歌う「緑の沖縄」は、
今でもよく聴く沖縄音楽のひとつ。

この歌は、民謡歌手、素人さん、いろんな人がカバーしてる。
もう沖縄民謡のスタンダードナンバーだ。
このニュースを知って、聴き直すと、
初めて聴いたときの興奮が蘇って来て、
何度も繰り返し、聴いてしまった。

ワシが、久しぶりにアナログプレイヤーを買った年に、
これがアナログ盤で20年ぶりに発売される。。
ワシは、このことを予知してて、
安売りしてるときに、アナログプレイヤーを手に入れてたのかもしれんな〜
と、思ってしまった。
もちろん予約した。
発売が楽しみでならない。

アナログ盤は、こちらから。

CDはこちらから。

アナログ盤発売のタイミングに合わせた、
プロデューサーの藤田正さんのインタビューをふたつ見つけた。
インタビュアーは、同一人物のようだけど、
内容が違ってるので、両方リンクしておきます。

三線&六線を超絶早弾き!「沖縄のジミヘン」と呼ばれた男、登川誠仁の武勇伝が凄すぎる

沖縄島唄の小さな巨人、登川誠仁とブラック・ミュージックの関係って?/祝・『Spiritual Unity』アナログ盤化特別編

それにしても、すごいエピソードやなあ。
そんなエピソード満載の藤田正さんの本もあります。

ああ!早く聴きたい!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

丸二日。