石原岳さんと「たつみ」、からの、三木康次郎&楠木達郎、夜久一&宮下広輔@磔磔。

昨日は、二日連続の京都。
めっちゃ楽しみなライブもあったし、
沖縄の石原岳さんが来てるってことで、
躊躇なく向かう。
「たつみ」「スタンド」「松川酒店」を候補にしたが、
スタンドはお休みで、松川は立ち飲みなんで、
初老二人の飲みとしては、たつみで正解であった。

空いてる日に昼間から飲むのはフリーの嗜み。
石原さんとサシで飲むのは、たぶん初めてやけど、
話、めっちゃ盛り上がって、楽しくて、たまりませんでした。

同じ店に業界の先輩たちが群れ成して来てました。

聞けば、スタンドがお休みだったから、こっち来たとのこと。
考えることが同じすぎて、笑ってまいますわ。

石原さん、今日の約束するとき、
ワシがこの後、夜久くん、聴きに行く、ゆーたら、
YouTubeで夜久くん観てくれたようで、
「すごく良かった!!」と言うので、
ライブに誘ったんですが、
京都在住の娘さんにパスタ作る約束しはったそうで、
ワシに「夜久くんに渡して!」と石原さんのCD託して、
娘さんの住むところに行かれました。
将来、夜久くんと石原さんが、一緒に演ることになったら、
結びつけた人間になれるなあ。
そうなったら、嬉しいなあ。

で、磔磔へ。

まずは、三木康次郎&楠木達郎。
へー!HILLAndonの二人、
ボーカルとギターの二人でやると、こんな違う感じなんや。
ダルい、ひきづる感じがおもろい。
バンドのときは基本的に攻めてるんやけど、
デュオになると、バンドのときには、感じたことのない、
たるんとしたタイミングがあって、
それがすごく気持ちええ。
知ってるミュージシャンの聴いたことない面聴いて、好きってのは、
ほんま嬉しいことやなあ。
たぶん、そのバンドだけやなく、ミュージシャン自体が好きってことやろうから。

ギターが、ボーカルを、「どんなことしても受け止める!」
って、感じが、なんが良かった。
歳の離れた兄と、ヤンチャな弟、
でも弟は兄のことが大好きで、
兄も弟が可愛くて仕方ない。
なんか観てて、そんな感じがした。

で、弟が、ヤンチャ疲れで、
ちょい休憩するとき、
元々ヤンチャな兄もひと暴れする(笑)
7インチになった曲、二人でも、すげえ良かったんやけど、
ああ!やっぱりバンドバージョンも聴きたいなあ思ってた。
客席見ると、ベースの平野くんもおるやん!
一曲くらい、入ったら良かったのに(笑)
けど、自分の出ないバンドメンバーのライブ観に来るって、
どんだけ仲良しやねん!(笑)

後攻めは夜久くん。
何度も聴いたことある「ブルー」が、更新されてる!
この曲に向き合う夜久くんの中に、何か変化があったんやろうか。
全然違う曲に聴こえる。
夜久くんは、ライブ観るたびに進化してて、良くなってて、
音楽もさることながら、その成長のスピードに驚いてしまう。

今回初めて聴いた宮下さんのラップスティールが凄過ぎて。
聴き惚れてしまう。
横で聴いてたパイレーツカヌーの岩ちゃんも驚いてた。
あのリゾネーターギターの名手が驚くってことは、
やっぱりそんだけ凄いんやなあ。

めっちゃええなあ、と泣きそうなってると、
夜久くんが「じゃあ、リクオさん、一緒にやりましょう」。と。。
ええ!観客にリクオさん来てた!
そんで、ほんまにステージ上がって、一緒にやるんや!

この曲が、すごく良かった。
リクオさん、完全サポートに徹して、
気持ちええ鍵盤聴かせてくれはる。
リクオさんも夜久くんの音楽好きなんやろうなあ、
と聴いてて思った。

宮下さんが、聴いたことのないようなラップスティール鳴らして、
夜久くんは、それ背景に、聴いたことないような曲に仕上げる。
ええコンビですわ。

ラストの曲の、深さがもう!
たまらん!!

アンコールは、HILLAndonの二人も、リクオさんも一緒に。
リクオさんが歌いだす。初めて聴いたけど、
めっちゃええ歌。リクオさんに続いて三木くんが歌う。
たぶんリクオさんが歌い始めた頃は、生まれてもなかったんやろけど、
音楽で通じるってのは、そんなん、関係ないんやなあ。

あら?最後までリクオさんメイン?
これでは終われんよな。
次の曲は、夜久くんから三木くんのリレー。
やっぱり今日の最後はこの二人を聴きたい。

おおお!ラス前の曲はボ・ガンボス
「夢の中」嬉しくて、ワシが夢の中な気分。
五人やけど、よー考えたら、リクオさん以外、
全員、ギターやった(笑)

ラストソングは夜久くんの
「ロックユーベイビー」を三木くんがサポート。
いやあ、ほんまええライブでした。

で、今、夜久くんの新譜「よだか」聴いてる。

ジャケット、アホやけど、
これ、凄いアルバムですよ!
もう今のうちに聴いといた方がええですよ!!

そう言えば、ワシはここ数年、毎年、この時期に夜久くん観に行ってるのであった。
来年も、この機会、ありますように。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA