ジョンソンtsu、夜久一、ロス・ドブロスDX@ムジカジャポニカ。

昨日は二日続けてのムジカジャポニカ。


まずロス・ドブロスDX(センちゃん入り)が、なんとジョンソンtsuと。

お!一曲目、ロス・ドブロスの曲やのに、
なんかいつものロス・ドブロスと
ちょっと違う感じになってる。
なんとなく東ヨーロッパのような、
ちょっとプログレっぽいような不思議な感じ。
ギター三本が複雑に絡み合って、誰がどの音弾いてるかわからん。
けど、そんなことは、どうでもいい。めっちゃカッコいい!
二曲目からは、ジョンソンtsuの曲をロス・ドブロスがサポート。
これもいつものジョンソンtsuとちょっと違って、
なんか、いなたい感じがして、おもろい。
岩ちゃんのドブロが、なんとなく田舎の小川を思わせて、
ちょっと叙情的な感じがした。
それにしてもジョンソンtsuの口笛、口笛版ホーミーとでも言うか、
なんか2つの音が聴こえてるんよなあ、不思議。
ジョンソンtsu語の問いかけにたじろぐガンホに、岩ちゃんがめっちゃおもろい。

何曲か一緒にやったあとは、ジョンソンtsu一人で。
ジョンソンtsuの音楽の源泉ってどこから来てるんだろうっていつも思う。
いろんな背景感じるけど、それが無理なく調和してて、
独特のジョンソンtsuワールドを広げてる。
そのことがソロだと、余計際立ってる。
ついこないだbandcampで先行発売されたジョンソンtsuバンドのアルバム
すげえいいので、ぜひ聴いてみてください!
ワシは年寄りなんで、試聴だけして、CDの発売待ちますが。
かんのとしこ、イガキアキコ、ワタンベという超強力メンバーで、
すんごいプログレな仕上がりになってます。

話戻して、ジョンソンtsuは、ほんまにソロも面白い。
リズムの変化が自在で、それに快感を感じてしまうレベル。
ラストは出ました!ベタベタカタカナ英語のカリフォルニアの歌。
きれいな歌なのに、笑いが漏れる不思議なステージでした。

続いては、ムジカジャポニカ初登場の夜久一くん。
「ムーンリバー」から始まりました。

やっぱり夜久くん、声の存在感が圧倒的。
その声が、さらに深く、広くなってる気がするなあ。
シンプルで美しいこの曲は、その声にすごく合ってる。
ムジカがいきなり野外になって、夜空の下で夜久くんが歌ってる気分になった。

一曲終わって、MC始まると、やはり舌足らずの子どものような夜久くんで、
なんとなく安心。
しかも緊張して曲順間違ったらしく「今から一曲目です。」と二曲目を歌う(笑)
ゆっくり目のリズム、大きな声、攻撃的にも思える大胆なギターフレーズ。
どんどん引き込まれてゆく。
夜久くんのギター、どんどんボーカルと馴染んでくる気がする。
というより、すごく似て来てるのかもしれない。
夜久くんは無自覚に音楽やりながら
自分を見つめているんやないか、という気がする。
底無し沼のような自分自身を。
一転してミディアムテンポの軽快な曲「ロックユーベイビー」。
意外なところからカバーしてくるよなー。
元のディスコソングの面影は全くなく、完全に夜久ワールドの一曲になってた。

いろんなライブに行ってるけど、夜久くんのライブ観てる時は、
他のどの時にも感じたことのない気持ちになる。
なんとなく自分の中に沈んでいくような、
でもそれがすごく心地よいような不思議な気分。

お!常吉さんの「鉛の兵隊」。
夜久くんのは、常吉さんとはまた違って、やはり夜久くんワールド。
少し怖いけど、美しい世界。

「立っていいですか?」誰に断ってるんだか(笑)
でも立って歌う夜久くん、ソロでは初めて観るかも。

この曲がまたカッコよかった!
夜久くん、すごい勢いで成長してるんやろなあ。
また今度観るのが楽しみになった。
最後は再び座って、ボトルネックで演奏。

最後のところ、ボトルネックの終わり方が最高に気持ち良かった。

さあ、そしてロス・ドブロスと夜久くんの初共演。これは楽しみ。

おお!これはいい!
夜久くんの世界を少しも損なわず、裾野を広げてる気がした。
最後は再び立って「チャイナガール」。ああ、これも気持ちいい!!

夜久くん、ムジカを皮切りに関西ツアーです。
皆さん、一度観てください。ほんまええですよ!

11/2京都「ミングル」w/Senoo Rickey
11/3京都「ウサギ」キチュウ、アウンサンスージー、アサオカ01
11/4大阪昭和町「Dutch」w/鴨しんご

そしてトリは、ロス・ドブロス。一曲目は「ブラジルの人聞こえますか」(笑)
ボサノバ混じったええ感じの曲。
途中、ガンホとセンちゃんのバトル。
岩ちゃんの判定やと、センちゃんの圧勝でした(笑)
けど、ロス・ドブロスでブラジル音楽とは意外でした。
センちゃんと一緒で世界広がったかな?すげえ気持ち良かったー。

二曲目はドブロ満開のいなたい曲、これもよろしーなー。
三曲目は新曲、西遊記イメージの「イーストウエスト」。
この曲の前のガンホの説明がよくわからず、
岩ちゃん、センちゃん含め、客席も全員キョトーン。
「ああMC上手くなりたい!」で始まりました(笑)
でも曲はめっちゃ良かった!
岩ちゃんのドブロが最高!
ほんで、流れをピタッと止める、ガンホとセンちゃんもええ、たまらん!
こりゃええ曲やなあ。

次の「雨上がる」では、ガンホのギターの大胆で繊細なフレーズに惹きつけられる。
上手いのはもちろんだけど、表情があって素晴らしいんよなあ。
ラストの曲、題名聞き逃したけど、ちょい南の香りがして、気持ちいい!
※後日、ガンホに教えてもらいました。「太平洋の人」らしいです。
大雑把な感じでええですねえ(笑)

アンコールはジョンソンtsuと夜久くんも一緒に。
ロス・ドブロスには珍しいボーカル曲。
ギター四本とジャンベの珍しい構成やな。
これも気持ちええ曲やなあー。

ええライブでした。ありがとうございますー。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です