つながらーと2022@大阪城音楽堂。

昨日は、寒くもなく、暑過ぎもせず、昼間は、一日ええ天気で、
年に何日もないくらいの野外フェス日和。
その日を逃さず、大阪城音楽堂でやってた「つながらーと2022」に行ってきた。

こりゃいいイベントですわ。
なにしろ入場無料。
音楽はもちろんアート、ダンス、なんでもござい。
物販コーナーのレベルも高いし、
飲食も、何を食べても美味しい。
時節柄、お酒が出てないのは、少し残念でしたが。

大人も子供も障害者も、みんな繋がって楽しもう、
というコンセプトもほんま素晴らしい。
それを無料で!ほんまスタッフの皆さんには頭が下がる。
協賛してる方々にも感謝!

行くと、会場前にナオユキさんと志生太くん親子が、日陰で涼んでた。
会場のこと、いろいろ教えてもらう。
会場入るといきなり練り歩き始まる。
おお!オニちゃん歌ってるやんか!
行列には、奥地さんや三原さんもおる。

飲食のエリア行くと、らんら屋さん店出してるし、
バンコさんも当然いる。

客席行くと、ヨンちゃん、なおみさん、ひさぼんがビニールシート広げてた。
もう、知り合いだらけ。
そこに座って、よんちゃんお手製料理、頂いてしもた。
ああ、極楽やんけ。

と、そこに石垣島Bbのマスターの金岡さんまで!!
なんで〜〜〜!
しかも、ひさぼんと知り合いなん??

もう、なにがなんやら。
わかってるのは、破壊的なまでに、
気持ちええってことくらいやな。

慎亮くんは、今日はオフィシャルカメラマンのようだ。
ご苦労さん!
最後まで酔っぱらわずに頑張ってはりました。

ステージでは、なぜか褌の男たちが、鳩の入ったゲージを担いで登場。
ちょっと手まどいつつ、鳩を空に放つ。
なんだこれ?
なんやわからんけど、笑けてきた。
こんな変な祭り、初めてやわ。
ちょっと橋の下っぽいけど、
そこかしこにアホっぽさが香るのは、
大阪のアイデンティティなのだろうか。

お!田渕徹くんも、来てた。
こないだ体調不良で、オニちゃんとの対バン、欠席してたけど、
元気そうで、何より。

そのときは、観られなかったオニちゃんとの2ショットを。

ステージには志生太くん。
こんな広くて観客多いとこで、
一人でやるんや!

しかも、いつも通り、めっちゃ楽しそう。
やった!観客も盛り上がってる。
子どもも大喜び!
志生太くんが人前で叩き始めた5年くらい前から知ってるおっちゃんは、
なんや、ちょっとうるっと来てしもたがな。

そして、志生太くんのお父さん、ナオユキさんの登場。

今日も、飲んでる!今日も、おもろい!
観客の様子見ながら、その場で組み立てて、
確実に爆笑に繋げていく、道程は、
もう美しいくらいに、見事だ。
ゆーても、ワシはゲラゲラ笑ってただけやけど。
終わり方、ステージからの下がり方まで、おもしろく、カッコよかった。

そして、大阪の宝、木村充揮さんの登場。

充揮さん、今日は写真NGらしいので、聴き惚れる観客たちの写真で。

え?こんなに会場に人おったっけ?
って思うくらい、人が集まってきた。
だけど、充揮さんは、こないだのパラダイスのときと同じように、
飲みながら、ボケながら、ノリツッコミしながら、極上のダミ声を鳴らしている。
どんだけ多くの人の前でも、同じようにやって、
同じように沸かす、これはこれでプロの技やなあ。
「ゲゲゲの鬼太郎」で子どもたちも喜ばせたわ。
ステージ下がる時の「ごゆっくり」ってのも、
なんかええ言葉やなあ、思った。

おっと!長野から熊ちゃん登場!
せっかくなんで、バンコさんと2ショットを。

後のステージ、楽しみにしてるで!

とか言ってたら、出番ないのに、マイアイドル良元優作くんまで!
息子さん二人と、ふら〜〜っとって感じで来てはった。
家、近いもんな。

ステージでは、小澄源太さんのライブペインティング。
ワシが貪るように観てた朝ドラ「スカーレット」の
西川貴教さんの芸術家の絵を担当してた方らしい。

体全体をペンツールにした、まさしく体当たりのアートでした。
できあがりがええのかどうかは、ようわからんかったけど、
パフォーマンスとしては、めっちゃおもろかった。
音楽の「tatalaYAVZ」さんも、カッコよかったなあ。

ラップのSHINGO★西成 & DJ FUKUさんは、
かぶりつきの観客も多く、凄い盛り上がりでした。

さてさて、オニちゃん登場!
後ろで踊るのは、南加絵さんや!
豪華〜〜。
楽器もないのに、ループステーションで声重ねて、
観客を巻き込んでいく。
子どもたちも興味深そうにステージを見つめている。
予定調和ではない盛り上がり、
オニちゃん、やっぱりあんた、すごいわ。

客席では、金岡さんと優作くんが久しぶりのご対面!

やった〜〜〜!
「共演あるかも」と予想してたけど、やっぱりあった〜〜!
コロイドのボーカル3人が登場。
その上、パーカッションの横沢さんまで!
三線の稲嶺雪乃さんは初めてやけど、すんばらし〜〜!
オニちゃんの音楽って、ほんま国境のない感じなんやな。
三線が自然に、初めから「この曲はこうだったよね」みたいな感じで
音楽の一部になっていた。
やってる方も、たぶん初めての組み合わせの演奏だろうに、
ずっとツアー回ってきたファイナルか!
と思うくらい、ひとつの音楽として完成していた。

稲嶺さんが一曲歌ってくれた。
「てぃんさぐぬ花」。
う〜〜ん!美しい!!
今まで盛り上がって、わ〜わ〜ゆーてた会場が、
耳をそばだてているかのように、シ〜ンと聴き入ってた。

そして、今回のトリは、スパンコロイド。
うわ〜〜嬉しい!!
知らん人にこのスパンコスモとコロイドの合体バンドを聴いてもらえるのが、
ほんま嬉しい!!
今日は、スパンコスモは、熊ちゃん、スパン子さん、ほうすけ3、バッキーの
お馴染みのメンバーにテルッキーまで加わってる。
ゾクゾクする。

始まった!
とたんに空気が変わる。
一瞬でスパンコロイドの世界が会場を包む。
すんばらしい!
大人数のバンドなのに、音を厚塗りした印象は、少しもない。
ものすごく複雑なことやってるのに、聞こえてくる音はシンプルだ。
なのに、奥行きというか、縦にも横にも、前にも、後ろにも広がってる感じ。
音が、空気をほんまに震わせている。

興奮した志生太くんが最前列で吠える。
音に釣られて、観客も前の方に集まってきた。

C-rag兄貴も踊っている。
ナオユキさんも楽しそうや。

二つの歌詞の違うボーカルが並走するので、
手話通訳さんは、困っている(笑)

おおおお!ほうすけ3のドラムソロだ。
かっこいい!!
こんな大勢の観客の前で、たった一人でほうすけ3が叩いてる。
しかも、観客を興奮させている。
バケツドラムの志生太くんも興奮して煽る。
この二人のドラマー、二人ともすごいけど、二人の歳足しても、
ワシの2/3にもならない。
ほんま、ワシ、無駄に歳取ってる気しかせんわ。
その曲は、最後、ほうすけ3のドラムソロのまま、終わった。
なんてカッコええ!!
会場からも声援が飛ぶ。
この会場を揺らす中学生、すげえな!ほんま。

最後は、コロイドの「夜の舟」。
ああ、この曲を、知らない人たちに聴いてもらえるのがほんま嬉しい。
ほうすけ3はトランペットに移動。
ちょうど、あたりが暗くなってきた頃、舟は漕ぎ出した。
素晴らしい!スパンコスモの協力もあって、
いつもとは、ちょっと違う感じもある。
根っこは同じなんやけど、その漕ぎ出した舟のサイズが、大きくなった感じかな。
うっとりと、その舟が、会場の空の上をゆっくりと浮かんでる場面を想像してたのだけど、
だんだん、この会場全体が、その舟で、
観客も含めて全員が大きな舟で、大阪の空を遊覧してるような気分になってきた。

この曲は、奄美の方言で歌われる。
交代した手話通訳さんもなすすべなし。

次第にボーカルの比重が増え、最後、ア・カペラになって、余韻を残して終わる。
うお〜〜〜〜〜!
たぶん、この日一番の会場のざわめき。
やった〜〜!
きっと多くの人が、スパンコロイドの凄さ、知ってくれたと思う。
ほんまに嬉しい!!

そして、この日の出演者、全員ステージに上がって、ご挨拶。

で、終了と見せかけて、、、。
おや?今日出演してないアンドーもステージにおるぞ。
山口さんやヨッシーの姿も。

そう!サプライズで、ザ・たこさんが登場したのだった!
曲は「カッコイイから大丈夫」!

うんうん!この祭り自体がかっこいい!
出演者も、スタッフも、観客も、全部がかっこいい祭りや。

うわあ!ナオユキさんが、志生太くんが、オニちゃんが、スパンコロイドのみんなが、
木村充揮さんと同じステージに上がってる。
木村さん、最後までいてはったんや。
そのことも嬉しい。
バッキー、テルッキー、ほうすけ3のブラス隊は、
ファンクブラスとして、ええ仕事してはる!

ほんま最高の祭りやった。
大阪のど真ん中で、こんな祭りのあることが、
嬉しく誇らしい。
出演者の皆さん、スタッフの皆さん、ほんまありがとうございました!

と感謝しながら、ワシはだいぶ遅れてしまった次の会場に急ぐのであった。

書けんかった出演者もいるので、全出演者、貼っておきます。

【追記】
たこさんのサプライズのためのネタ振りなんだろうけど、
司会者の方が、たこさん演奏前、
「これで終わりです。お帰りください」と何度も言ってたのが少し気になった。
ワシは噂で聞いてたので、たこさん出てくるの知ってたが、
知らなくて、ほんまに帰っちゃった人もおったのではないかな。
だとしたら、少し残念だし、
その人たちが、サプライズあったことを知って、
この素晴らしい祭りに対して、
少し、嫌な気持ちを抱くとしたら、
もったないし、ちょっと悲しくもあるな、と思ってしまった。
すごくいい祭りだったので、敢えて書いておきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA