浮世絵に触れる。見ながら飲める。家からチャリで10分の天国。「西天満竹井」

1ヶ月前くらいに知って、ずっと行きたかった、
浮世絵の販売店兼カフェ&バー「西天満竹井」に行って来た。
いやあ、期待以上の素晴らしくワシ好みの空間でした。

西天満の川沿い、天満警察の真前の建物。
通勤で通ってたとこやのに、全然気づかんかったなあ。

中は、1階、地階がカフェ&バー。(地階は川側からだと一階になる)
二階は、浮世絵の展示&販売スペース。
三階も、浮世絵展示してるけど、お店って感じではなかった。
その辺りは、写真見ながら説明いたします。

玄関口では四天王がお出迎え。

入り口横の支払い場も、ええ感じでした。

二階に上がる階段。

階段上では、月岡芳年がお出迎え。
照明スイッチもええ感じ。

廊下の突き当たりは堂島川を挟んで休館中の東洋陶磁美術館。
つまり鉾流橋のたもと。

では、二階のお部屋へどうぞ。

浮世絵だけでなく、古伊万里を中心に品のいい陶磁器も販売されてる。
置いてある調度も、いちいち素晴らしい。

肝心の浮世絵は、月岡芳年、河鍋暁斎、歌川国芳など、
ワシの好きな絵師が多くて、夢中で全品、観てしまった。
値段は安くても4〜5万、貴重なものでは150万くらいなので、
とても手が出る値段ではないが、
そういう貴重なものを、手にとって見る機会なんて、
今までなかったので、むっちゃ興奮する。
初めて来た客なのに、お店の方は、一階に降りて、
一人で拝見できたのも嬉しかった。
その信頼を裏切りたくないので、
ガサツな自分を封印して、ワシのできる最高の丁寧で、扱わせて頂いた。

では、三階に。

何??このスペース!
素敵すぎる!
南に面した日当たりのええ部屋、
腰板のある和洋折衷の品のいい部屋。
ソファーとテーブルにかけられた布も素晴らしい!
こういう感じの部屋、いくつか見学したことはあるが、
今日は、このソファーに座れるのだ!
ああ、なんて幸せ。

ここに置いてある品々も素晴らしかった。
こんな品々に囲まれて、昼寝できたら、最高やな〜。

地下のバースペースはまさに隠れ家。
ここは、最近オープンしたばかりらしいです。

興奮しすぎました。
一階のカウンターで休憩しましょう。

淹れてもらったアイスコーヒーは水出しなのかな?
すごく深い味わいで、ほっこり落ち着きました。
カウンターの正面には、芳年の浮世絵。
今回はコーヒーやったけど、
芳年の絵を見ながら酒飲むって、なんて贅沢やねん。
窓の外は、写真では見えにくいけど、
中央公会堂と中之島図書館が見え、
部屋の中外、視界に入るもので、令和のものはほとんどない。
「今は明治か大正か?」と思ったりもするんですが、
カウンターのモダンさで、今の時代に帰って来れるのでした。
ワシの好きなもので埋め尽くされたお店、
当然、お店の方とのお話も楽しかったです。
大阪市役所からも歩いて10分かからんくらいの、
大阪のど真ん中に、こんな静かで、ゆったりしたスペースがある
ってこと自体、信じられない気がしました。

メニュー見ずにコーヒー頼んだので、お勘定が少し心配でしたが、
500円と聞いて、ホッ!
こんだけ本物の浮世絵観せてもらって、触らせてもらって、
美術館なら観るだけで1,500円は取られるな。
ましてや、触らせてもらうなんて絶対できないし、
その上、美味いコーヒーまで。
こりゃ、すげえ得したな。
と、俗物のおっさんは、すぐ汚い金勘定をするのでありました。

このお店、平日は12時から18時までは喫茶タイム、
20時から26時までお酒飲めるらしいです。(土日祝はお休み)
なんと!!あの三階のソファーでも飲めるらしい!!
どなたか行きたい方、是非行きましょう!
明日、行きましょう!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA