豪華3組!麗しの大三郎、空空クラブ、カニコーセン@ハードレイン。

本日は、なんかいつもと雰囲気違うハードレインへ。
丸テーブルの真ん中に花があれば、おしゃれなダイニングバーみたいです。
行ったことないけど。

そう言えば、騒動以降、初めてのハードレインですが、きちんと対策してはるんですね。
人数も10名限定、もちろんソールドアウトのプレミアライブです。
素晴らしい!
同じく対策の一貫で席移動禁止でして、
ワシの席、ステージに立つ人の真後ろに照明があったので、
完全逆光で、写真が大変見辛くなってます。
すみませんが、ご了承ください。

最初のカニコーセンくんの挨拶に続き現れたのは、麗しの大三郎(着替えただけやけど)。

今日ワシは2回目やけど、大三郎さん自身もそーかな?
配信があるってことで、若干緊張気味な感じもありますが(笑)、
デビューライブで買ったCD、聴きまくってたんで、もう耳に馴染んだ曲が続きます。
「メリケン粉のロックンロール」ええなあ。
そのあとのMCも笑ろたわー。
だんだん緊張溶けて来たのか、途中でギアが入った感じ。
めっちゃおもろなって来た。

ああ大三郎は東京在住の設定なんや。
ほんで、妙な標準語で喋ってたんやな。
2回目でやっと気づく(笑)

感動的(風、あくまで感動的風。観客は大笑い)なフィナーレに続き、
カニコーセンくんが出てきて(着替えただけやけど)、
次の空空クラブを紹介。ウクライナから来た、ゆー設定らしい。
前回は確かフィンランドから来た、ゆーてたけど、まあええか、どっちでも(笑)

カニくん、急いで引っ込んで、空空クラブの登場(カニくんは着替えただけやけど)。
空空クラブも2回目のステージらしい。ワシ、今んとこコンプリート。
なんか、ちょっと恥ずかしいのはなんでや。
空空クラブは、クラブ系のカラオケユニット。
マッシュルームカットとサングラス、茜色っぽいタンクトップと
お揃のコスチュームでステージに。

クラブ系なんで、ノリがよく、ちょっと聴くとありがちな歌詞に思えるけど、
よう聴くと、かなりアホらしい。さすがカニさん。
いや、これはサッカさん、あ、もといオヘンホンさんの作詞作曲やったかな?
お!新曲!しかも続けて、デビューは二曲だけやったんで、大進歩やな。
おお!知ってる曲「ありふれたドラマ」でも、オヘンホンさんのラップがめっちゃ上達しとる!
空空クラブ、進化中やな。
けど、なんとなく「これ以上、上手くならないで!」という気もするんでした(笑)
動画は、空空クラブの名前つく前(今日の設定ではウクライナにいた頃ってことになるんか?)の
二人のMVです。今、これよりさらに良くなってます。

休憩挟んで、3組目トリはカニコーセンくん(やっぱり着替えただけやけど)。

MCもなく、しんみりと「インクライン」。
続いて「ベッドタウンブルー」。
心にジワッと忍びよるワシの好きな歌が続く。
おおお!しかも次は「播州平野に黄砂が降る」。
急に冷え込んで来た外気がドアの隙間から入り込んでくる気がする。これはやっぱり名曲やなー。
考えたら、ここまでMCなしやな。
またMCないまま、題名忘れたけど「ラブイズオーバー」の混じる、やっぱりしっとりした曲。
前回も少し感じたけど、カニくんの中で、何かが変わり始めてるのかなあ。
笑いは大三郎に任せたのか?
おお「学校お化け」まで。

なんか凄みすら感じて来た。
カニくんのこっち路線も好きなワシは、カニくんの変化をただただ見守ろうと思う。
MCなしで30分くらい一気に歌い通した。
「ありがとうございました」のひとことあって、少し寸劇入りになったけど、
やっぱり人間の哀しみを歌う路線は、そのまま。
そして「酔いが覚めたらうちに帰ろう」が終わってやっと
「みんな泣いてるかーい!」で始まるMC。
ゴッホの耳の歌は、初めて聴くかな?これも切ない、ええ歌。
カニくん、メロディメーカーとしてのセンスは、やっぱりすごいなぁ。

この流れやと、物販コーナーないかなあ、と思ったけど、この後、物販コーナーありました。
今回は、配信してるので、カメラに向かってQRコードを広げる。
ナイスアイディアやな。
配信の方の写真借りました。
CD500円均一、安くて、品揃え豊富、楽しいカニコーセンのお店には、下の写真からどうぞ。
1,000円のトートバック、LP入るサイズで、待ちもあるので、
買い物袋にもぴったりです。
エコも意識してるカニコーセン!(カニくんのMCより)

物販で喋りだすと、いつもカニくんで、なんかホッとしたなあ。
パソコンでご覧になってる方のためにリンクも貼っておきますね。
カニコーセンの店

そして「君の家の犬の瞳に恋してる」。ああなんか嬉しいわ。

ラス前はお客さん巻き込んでカラオケで歌いまくり踊りまくり。

最後はサッカさんも出てきて「また会う日まで」を熱唱。
ここではコスチューム脱いでたので、オヘンホンじゃなく、サッカさんで(笑)
こん時のサッカさんが全然カメラに写せなかった。
カッコよかったのに、残念!

ちなみにほとんどの写真がこんな感じ。
つまりサッカさんの顔写真が一枚も撮れてないってことやな。
せっかく男前なんですけどねえ。

アフターライブも楽しかったです。
驚いたのは、お客さんが作って来た「ラブリー空空ちゃん」。

ちゃんと顔写真貼ってある。
パンツ履いてないけど。
今見たら、「新米」って、なんやろ。

最後は、空空クラブのアー写の撮影大会。
ラブリー空空ちゃんも一緒です。
やっと、オヘンホンさんの素顔写真撮れた。半分隠れてるけど。

いやあ、楽しかった。
空空クラブ、これからも追っかけます!

で、ワシは、家の近所のスーパーより、品揃え豊富で、お安いスーパーライフ太融寺店で、
チンゲンサイや肉団子を買って、スーパー出た途端、店の前のバス停に来た最終バスで、
自宅である橋本亭に戻ったのである。
なんかこういう小市民的なことやるの、カニコーセンライブのあとで、
めっちゃ合ってるなあ、と思いながら。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA