夜久一@釜晴れ。

偉そうな客ですみません!
こないだの日曜、千鳥温泉から釜晴れに、大人数移動したため、
釜晴れの 夜久くんライブ、開始をずらしてくれはりました。
他のお客さんにも、すんませんでした。
入ったら夜久くん、ほかのお客さんのために、セルフ前座してました(笑)

「星めぐりの歌」聴けた。
得した。(迷惑かけといて、何ゆーてるのか)

出直しスタート、ギターがちょっと小さいな、ショートスケールギターかな。

夜久くんの声は、胸の奥に積もる。
岩城一彦こと岩ちゃんの言ってた「夜久くんの声は圧倒的」という言葉を、改めて実感する。
流れるようなギターで鈴木常吉さんの「鉛の兵隊」。
その流れは濁流のように激しくなり、頂点を迎えたところでエンディングだった。
鈴木さんとは違う形で、この曲を愛して、丁寧に自分のものにして行ったんやろうな。
鈴木さん聴くと「あの野郎、勝手に変えやがって」と言いながら、
ニヤッと嬉しそうな顔するんやろうな、顔が浮かぶ。

強く優しい声やなあ。夜久くんの音楽は目を閉じて聴きたくなる。
カニコーセンくんを鏡に、曝け出された恥ずかしい自分を宥めてくれてるような気分(笑)

お「チャイナガール」。
夜久くんの曲の中では珍しくアップテンポで、明るく、ポップな曲。
この曲聴くたびに、なんかホッとしてる自分に気づく。

たぶん夜久くんが歌うの初めて聴いたけど斉藤哲夫さんの「悩み多きものよ」が、すごい良かった。
スケールの大きな曲やなあ、その曲に夜久くんの声がすごく合ってて、
観客全員が乗れる大きなゆりかごに揺られてるみたいな気分になった。
夜久くんの動画見つからなかったけど、
また聴きたいし、これを読む人にも聴いてほしいので、
斉藤哲夫さんのオリジナルの音源を。

うわあ!まさしくURCレコードの感じやなあ。
オリジナル、ちゃんと聴いたの、初めてかもしれんけど、気に入りました。

夜久くんの音楽聴いてると、どんどん自分の中、
自分一人では行けない底の方まで、降りていくような感覚になる。
それは、不思議な感覚だけど、とても気持ち良いものでもある。
「雲」で、ふわふわと一部が終わる。

二部始まる前に、しばしの休憩&換気。
釜晴れにしろ、先程の千鳥温泉にしろ、
ライブをやるお店は、どこも感染対策を感心するほどキチンとやってはる。
もちろん営業できなくなったら困るってのはあるんだろうけど
「それでもライブをやりたい。いい音楽をやって人に聴かせたい。演者を支援する」って
決意のような気持ちも感じる。
そのおかげで、ワシは生の音楽に会える。ありがたいことだ。

二部は、ゆなんとなくゆらゆら度が増した気がする。
温めの寝湯に浸かってるような、
眠りに落ちても、まあええか、と思えるような心地よさ。
かと言って、マッサージ屋のBGMのような耳を撫でるだけのヤワな音楽ではなく、
深いところに届く音楽ではあるのだが。

こんな聴こえ方する人、ワシにとって他に誰がいるだろう。
しばらく考えて、あ!近いかな?と思ったのは、浅川マキさんだった。
あくまでワシが聴くときの心の有り様なので、音楽が似てるとかではないんだけど、
この揺られてる感じ、深いところに聴こえてる感じは浅川マキさんに似てる気がした。
近くの席から軽いいびきの音、ああ、ワシと似た気持ちで聴いてる人がいるんやな、と嬉しくなる。
海外で考えると、これまた全然タイプ違うけど、ヴァン・モリソンかもなあ、と訳もなく思ってしまった。

「ロックユーベイビー」、有名で、ちょっとポップな歌歌っても、やっぱり夜久くん。
ゆるっとしたポップさは、不思議なリラックス感を広げてくれる。

夜久くん、来年歳男らしい。若いなあ。その決意?結局よくわからないものを表明(笑)
(ワシもチャチャ入れてしもたけどね。ごめん!)
ラストソングのアウトトロ、めっちゃ良かった。
夜久くん、めっちゃギター上手いなあ。
元々かなあ、上手くなったんかなあ、いずれにしろ、聴き惚れちゃう、ええギターでした。

アンコールは、初めて聴いた歌で、題名分からないけど、
吹雪や風の出てくる北国の冬の歌。
しんと静まり返った前半、雪解けではなく、暖炉やストーブで雪を溶かしたように熱くなる後半、
素晴らしい展開。
なんとなく昭和の詩人の趣きのある、凛々しく、美しい演奏でした。

ライブ終わると、日暮れどき。
前演奏含め、サンセットまでの3セット、分厚く、深く響くライブでした。
最後に映像作品としても素晴らしい「深い河」の動画を。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA