サヨナラ扇町ビル〜ムジカコレクションvol.1。

今日は昼間から「サヨナラ扇町ビル〜ムジカコレクション」。

トップバッターは良元優作さん。
優作さんをトップに据えたせい子さんの気持ち、よーわかる気がする。

「永遠にこのままのわけがない」から。
まだちょっと眠たそう(笑)
「きっかけ」から「幽霊」。
幽霊、久しぶりやー!沁みる。
なんか聴いてるうちに、 このムジカで聴いた優作さんの数々の名演を思い出し、
これがここで聴く最後の優作さんか、 と思うと、込み上げて来た。
「雨の降る日は」「天ぷら」に続いて「ペンノレ」。
これは韓国民謡で舟漕ぎの歌。
ムジカの新しい門出に、と。また込み上げるやん!
「まあいいやで日が暮れて」「道間違える」。
ええ選曲や!

終わって挨拶に来たせい子さん。
このツーショット、好きやわー。
姉ちゃんと弟みたいです。

二番手はサウナパーティ フロム京都。
初めて観る。気だるい感じが、昼間のライブに似合う。

ギターがノイジーだけど繊細で、
何となくREMとか、フェルトとか思い出すサイケデリックな音。
あ!ベースの人、どっかで見たことあるなー、思てたら、
ドクロズのおやびんや!どーりでかっこええ!!

ちょっと後乗りっぽい曲があり、
何となく何かを思い出すなーとずーっと考えてたら、
セメントミキサーズやった。
あ、好きになるかも。
女性二人のベース&ドラムのリズム隊がすごくしっかりしてるから、
ギターが気持ちよく遊べるんやなー。
動画、見つけられず。すんません。

三番手は吉田省念バンド。フロム京都が続く。
ほんまに豪華やなー。
ムジカに、いかに素晴らしいバンドがたくさん出てたか、
その人たちにムジカがいかに愛されてたかが、よくわかるなー。

バンドスタイルの省念さんは久しぶり。
これが、またかっこええんよなー!
ヤッチさんの鍵盤も相変わらず冴えてる。

省念さん、MCは寝ぼけてる感じやけど(笑)、
曲が始まると、ギターもボーカルもさすがに天下一品!
省念さんのライブ聴くと、
「あーセンスって、こういうことなんやなー」といつも感心させられる。

ラストは「小さな恋の物語」。
この曲、好きやなー。
なんかかわいくて、ちょっとうっとりする感じ。
この曲聴きながら昼寝したら、最高に気持ちええやろなー。
と思ったら、最後のギターソロは、けっこう激しくて、
これはこれで気持ち良かったー。

続いてはボケロウさん。
昼間からボケロウさんが観れるとは、ほんまに贅沢やなあ!
しかも客席から優作さんがコーラス参加(笑)
ムジカならではのゴージャスな時間。

ボケロウさんの人柄が染み出してる歌が好きだ。
そして、この人は、本当に楽しそうに音楽をやる。
歌を愛してるから、歌にも愛されてる。
そんな相思相愛の幸せを、おすそ分けしてもらって、
こちらも幸せな気分になってしまうのだ。

上を向いて歌う表情、昼間っからポケット瓶を取り出すときの嬉しそうなこと!
優作さんの「月と金星」と同じ
ジョセフ・スペンスの「ハッピー・ミーティング・イン・グローリー」のメロディで、
「ピストルジョニー」。
そしてボケロウさんが自分から「好きすぎる」と公言する(笑)「夜明け」。
ワシも大好きな歌です。
曲の途中、ためのところで、ポケット瓶を取り出す(笑)
優作さんに「ええけど悪い!」(笑)と言われながら、
気持ちよさそうにグビッ!ほんま、ええ昼間ですわー。

五番目はぱぱぼっくす。
たるたに先生がギターのバンドです。

キャッチーでポップなメロディにたるたに先生のノイジーなギター、
ある意味ミスマッチとも思えるこの組合せが、
音楽を技ありの曲者にしてて、かっこええ。
ボーカルのともこさんの涙こらえながら頑張ってやるMCが面白すぎ!!

ラストは加藤和彦さんの「日本の幸福」。
「今日は伸びたら他のバンドに迷惑かかるから」と4曲に抑えたらしいけど、
MC短くしたら、確実にあと一曲はできたと思うわー(笑)
「日本の幸福」、ええ曲やなー。じっくり聴いてみたくなった。
間奏のインスト部分が圧巻!


本日の折り返し地点、6番目は、ラブラブスパーク。
本日は一志さんと岩城さんで。

初っ端から「グースカスー」。
ほんまに昼寝したくなるやん(笑)
途中の寝たふりがうますぎ!

ムジカの思い出をMCで語る一志さん。
禁断のエピソード、4バンド客一人の話を紹介(笑)
実はその一人はワシである。
ワシのことも紹介してもらった(笑)

ラブラブスパークのライブは、ほのぼの楽しい。
その真骨頂「大人げでどんな毛?」で始まる歌。
最後はみんなで「茂雄の子どもは一茂」を大合唱。
楽しいー!
で、岩城さんのドブロは、やっぱり最高なんすよ。
ラストは「サンキュー」。
この曲も柔らかくて、心地よい曲で、寝ちゃいたくなるんよねー。

7組目は、リー・テソン。

テソンくん、喋るとアホなんやけど、
演奏は、めっちゃオシャレで、さすが神戸って感じのするライブ。
このアホでお調子者の男に、どこにこんな繊細で美しい部分が!
と思わずには、おれんなー。

わ!ゲストで良元優作さん登場!!
ムーンリバーのメロディを二人で!
一番は優作さんが「京阪電車」で、
二番はテソンくんが英語の詞を。
これは嬉しいサプライズやなー。
この二人の演奏は、数年前、クリークで一度観たきりやなー。
ほんま嬉しい。

おー!ラストはスチョリさんに、岩城さんまで出てきて
ニール・ヤングの曲を!
岩さんと優作さんが一緒にやるのも観るのは2回目かな?
優作さん、だいぶお酒入ってご機嫌さんな感じ。

なんかラストワルツみたいな展開で、楽しいステージが終わった。
せい子さんもテソンくんのことを「知ってる中で一番アホな部類の男」と紹介(笑)

8番目に登場は、スチョリさん。
♪ムジカでブギウギ〜と歌い出した。

この人もおしゃべり好きなお調子者なのに、めっちゃオシャレな演奏をする。
言わずと知れたラリーパパ&カーネギーママの鍵盤&ボーカル。
小粋で軽快なピアノに甘い声。
そんなオシャレな音楽なのに、曲の途中でも小ボケを入れてくるのは、
大阪人のサガなのか(笑)

やった!スチョリさんの中で一番好きな「ダ・ボン〜素晴らしき日々」やってくれた!
この曲のラリパパバージョンも素晴らしかったなー。
酔っ払った良元優作さんが客席から奇妙な掛け声、
大爆笑で曲やり直し(笑)あー楽しい!
なんかほんまにパーティぽくなって来た!

あーしまった!笑いすぎて演奏中の写真撮るの忘れてた!
演奏あと写真ですみません!

動画は、短いけどダ・ボンを。

サヨナラ扇町ビル ムジカコレクションも、大詰めになって来ました。
9番目は、名古屋からEttさん。

めっちゃ久しぶり!あー西本さゆりさんの声、渓さんのギター、
「ワシの耳におかえり」って言いたくなる。

わ!二曲目で早くも大好きな「楽しや汽車の旅」!
汽車の旅、名古屋で途中下車で、さゆりさんのシャチホコ!すげー。

渓さんとのデュエットで「愛の砂嵐」。
演歌風で、笑える歌。
初めて聴いたときも笑ったなー。
今日のほっこりムードの会場に一番合ったバンドかもしれんなー。
ほんま、ほっこりしたなー。

Ett さん、明日は京都元田中のザンパノです。
ほんまに素晴らしいです。
お近くの方は、是非!是非!

ラス前の10番目は奇妙礼太郎さん登場!
ふらーっと入って来て、なんとなく始まる感じが、ええね。

けど、一曲目から会場のテンションを引き上げるのは、さすが!
なんかムジカでやるときの奇妙さんは、
他でやるときとは感じが違う気がする。
ほんまリラックスして、友だちの家で知り合いに囲まれてやってるようなムード。

奇妙さんの「ぷかぷか」久しぶりやなー。
ため息みたいな歌い方が、曲に合ってる。

お!田渕徹くん作詞作曲の「ノーバディノーズ」からの「君はセクシー」。
田渕くん、この二曲を奇妙さんに書いて、一攫千金を狙ってます(笑)
けど二曲ともほんまにええ曲。
田渕徹、すごいなあ。カラオケになればいいねー!

曲と曲の間や、曲の途中の静かなところになると、
楽屋から楽しそうな声が聞こえてくる。
出演者たちの宴会もたけなわのようだ(笑)

最後に、即興で「せい子ちゃんの歌」。
みんなで「せい子ちゃん」と叫びました。
なんかハッピーな気分になったなー。
動画は田渕徹援助で(笑)「君はセクシー」

さあ、初日のトリは、ふちがみとふなとさん!

あーこの場所で数限りなく観た光景、今日が最後なんや。
けど感傷的になるのはやめておこう。
新しいムジカで、またふちふなさんを数限りなく観ればいいのだ。

いつも楽しみにしてる船戸さんのTシャツは今日は「メトロノームス」(笑)
今日もええなー。
けど、じゅんこさんに「なんでムジカジャポニカのTシャツ着て来んかったん!」
て突っ込まれてた(笑)

「大阪の歌」会場大爆笑!
なんと今日完成した、というピチピチの新曲をご披露頂いた。
春を待ちわびる冬の歌「春になれば」という曲やった。
今の気候に、そしてムジカの気持ちにピッタリな感じやな。
これもムジカ愛か。

晩ご飯の歌、「晩ご飯は何しよう?」のところを、
「晩ご飯はムジカレー」に変えて歌いましたー!

最後の曲は「愛さずにいられない」!
ああやっぱりムジカ愛!
アンコールは「ワイルドサイドを歩け」やったー!!

テソンくんとせい子さんが飛び入りコーラス。
スチョリさんと省念さんがピアノ連弾、
省念さんはドラムまで!
ほんまにラストワルツやー!

なんか笑いながら涙が出て来た。

最後にせい子さんの現状報告。
クラウドファンディング、乗り出すようです。
協力せねば!

ほんまにずーっとムジカ愛を感じ、
初めから最後までくまなく素晴らしいライブでしたー!


(明日につづく)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です