映画「すばらしき世界」。

この世は理不尽に満ちている。
かと言って、生きる価値がないわけではない。
泥まみれで汚れている分、
小さな花が一層美しく感じられるのだ。
そう思わせてくれる映画でした。

昨日、久しぶりに家で映画観たので、
本日は、映画館までレベルアップ、
絶対観に行く!と決めてた「すばらしき世界」を観てきました。

今年初めて映画館で観た映画は、ほんま素晴らしかったです。
今の世の中にある理不尽を責めるのではなく、淡々と描く。
なので、ほぼ全編、なんかイガイガしたもんが喉に
引っかかるみたいに飲み込みづらい。
けど、ところどころ、フッと美しい場面や、嬉しい出来事が現れる。
それは、この不器用な主人公を取り巻く、人からもたらされる。
理不尽も、人や人の作った社会からもたらされるけど、
やっぱり生きてることが素晴らしいと思えることも、
人からもたらされるものなんですね。

最後の少し前のシーン、涙が止まらなくなりました。
そのまま最後のシーンも、涙が流れてましたが、
少し、清々しい涙に変わった気がします。

観終わったすぐから、もう一度観たいと思える映画。
西川美和さん、もともと好きだったけど、
さらに、どんどんすごくなってるなあ。

大石みつのんさんの音楽が使われてるのも、ちょっと嬉しかったです。

真っ直ぐで不器用な男を演じる役所広司さんも、
もちろん文句なしに素晴らしいんですが、
その不器用な男に翻弄されながらも、
なぜか、その男に惹かれていく仲野太賀くんがまた素晴らしかった。
ワシ「桐島、部活やめるってよ」で観てから、この役者さん、好きなんすよね。

って、考えたら2日連続で、不器用で、社会に溶け込めない、
ダメ人間の初老男の映画観てるなあ。
しかも、二つとも、めっちゃどんぴしゃやったなあ。
まあ、ワシも広く言えば、その範疇やから、
しゃーない、っちゃ、しゃーないのか。

あ、あと今のテレビの嫌らしさみたいなんを象徴してるような
長澤まさみさんの演技もおもろかった。
こんな役、しはるんやなあ、思いましたわ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

星合の池、梅見納め。