果てしない楽園度合い。

西成の釜晴れの早苗ちゃんが教えてくれた。
石垣島のG.Yokoさんの音源。

楽園度が半端ない。
そして歌詞もすごいなあ。
めっちゃ素直で「わかる感」あるのだが、
それをひっくり返すように、
「でもいつかは、ぜんぶ、ぜんぶ、空にかえすのだ」と言い切る。
ストレートで子どもっぽい共感から、
いきなり哲学に入り、
だから今を生きろと説く。
最終的には「進め人類、奇跡の星だ」てとこまで行ってしまう。
油断してたら、足元掬われまくった感じ。
そして、その掬われ方そのものも、楽園のように気持ちいい。
でかい歌やなあ。

You Tubeにもう一曲あった。
宮古の子守唄やけど、これもこんな気持ちええバージョン、初めて聴いた。
ギターはヒートウェーブの山口洋さん。
山口さんがこの音源について、書いてる文章も早苗ちゃんが教えてくれた。
そっか、このG.Yokoさんて、たぶん、ワシの知ってるあの人なんやな。
山口さん経由でジャケットは奈良美智さん。すげえな。

今月末、このアルバムが発売されるらしい。
むちゃくちゃ楽しみでならん。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です