吉田省念、ジョンソンtsu、双葉双一@ムジカジャポニカ。

23日土曜日は昼ムジカライブ。

吉田省念さんは「ツバメのチッタ」から。
省念さん、スタートラインからすごい高い、って気がするなあ。
もちろん、ここまで来るにはいろいろ努力や葛藤があったんやろうけど、
ものすごい上質のところから、さらに積み重ねていったような、
レベルの高い、かっこいい音楽やなあ、と思う。
こんなんが昼間から生で聴ける休日の幸せよ。

昼ムジカライブの特製ガパオランチを喰いながら、
休日昼間の喜びを噛みしめていると。。
うわ!「500マイル」!最近この曲づいてるなあ。
省念さんの500マイルは、1人でこんなに遠近感出せるもんなん?と思うほど、
奥行きがあって、ほんまに車窓から遥か遠くを眺めてるような気分になった。
この一年で視力がガタンと落ちたらしく、
この日は眼鏡の省念さん。眼鏡ということで、バディーホリーの「ペギースー」(笑)
ちなみに音量的には、この日マックスやったららしいです(笑)

二番手は、ジョンソンtsuくん。
なんだろ、このおかしさ(笑)
何語か分からん言葉を操り、表情のひとつひとつでも、笑い取る。
目鼻立ちがクッキリしてるから、余計表情が際立って、笑ろてまう。
ムジカの女主人せい子さんも、観客で来てたナオユキさんもゲラゲラ笑ってる。
本物の芸人さんも笑わせるとは、ジョンソンtsuくん、やるなあ!!

けど、音はめっちゃ複雑なことやってるし、展開もオモロイ。
音源だけ聴いて、ライブに来た人、
この観客が大笑いしてるライブ観たら、ビックリするかも(笑)
けど、これがジョンソンtsuくんの魅力やなあ。
普段ムジカのカウンターに立ってるおジョンとは、まったく別の人格、
ヅラ被って、衣装着ることで、別のもんになれるんやろなあ。
デグルチーニではまた今日とも違う表情やった。
アシッドマザーズテンプルでも、また別の表情してるんやろな。
観てみたいなー!世界ツアー頑張れよー。
ホーミー風の音の出し方、口笛吹きながらのスキャットとか、
なんか観たこともないすごいテクニックもあるのに、
それを見せびらかすのではなく、芸の一部に消化されてるのも、素晴らしい。
あとで聞くと口笛吹きながらのスキャットはこの日、初披露やったらしい。
なんか家でこれを一所懸命練習してるジョンソンtsuくん、想像すると、笑ってしまった。
後半の「バレーボール」も、笑ったー!
けど、バンドリンで演奏されるヨーロッパ中世風の音楽は、
めっちゃ繊細でかっこええ!
そして、やった!ワシのフェイバリット「民族旅館」!
唯一日本語の歌やけど、外国の人が見た日本のようであったり、
どこか知らないアジアの国のようであったり。
不思議やけど、これまた笑ろてしまう歌。

トリは双葉双一さん。
初めて観るけど、ジョンソンtsuくんが「めっちゃオススメやから観てほしい!」と
超プッシュだったんで、楽しみにしてたんであった。

歌詞が新鮮!難しい言葉使ってないのに、
今までにない言葉と言葉の繋がりで、ハッとさせられる。
ある意味、文学的な詞で、初めて高橋源一郎さんを読んだ時のような気分なんなった。
見た目と歌詞から、陰鬱な気難しい感じかと思ったら、
MCとか、朴訥やけど意外とユーモアたっぷりで、
ギャップで笑わされてしまった。
そして、その独特のユーモアが、だんだん歌詞にも染み出して来て、
なんかその不思議な可笑しさが、ちょっとフラットするボーカルと合わさると、
なんかものすごく笑ってしまう。
これはクセになるなあー。聴きようによっては双葉さん、
ディランに似てる気もして来た。棘とフォークとユーモアが混じった、
聴いたことないスタイルかもしれん。

ダブルアンコールは、3人で。
たぶん省念さんとジョンソンtsuくんはブッツケやと思うんやけど、
2人とも、テク・センス、ともに抜群やから、
めっちゃ気持ちいい演奏が即座に出来上がる。
これほど、それぞれに個性強い3人がぶつかってるのって、面白いなあー。

ムジカを出てチャリで家に向かう途中、
ムジカ夜の部の出演者、豊田道倫さんとすれ違った、
向こうはワシの顔、知らんやろうけど。
あー豊田さんも観たかったなー!
この日もライブ、かぶりまくりや~。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA