おにぎり印プレゼンツ「うちな〜男に、なにわ〜女」無事終了しました。

8月23日、24日の両日、十三レインコートにて、連日開催の
おにぎり印プレゼンツ「うちな〜男に、なにわ〜女」
両日とも、無事終了いたしました。

この状況下、しかも直前の会場変更という事態にも関わらず、
ご予約いただいたお客さまが、皆さん来て頂いたこと、
本当に感謝いたします。

そして、こんな直前にお願いしたのに、
快く二つ返事で「いいですよ!」と言ってくださった
レインコートの小林さん!
「どうせ、準備しようと思ってたから」と
ステージと客席の間にシールドまで用意してくださって、
いくら頭下げても、下げたりません。
この二日間に、レインコートに予定が入ってなかったことは、
これ以上ないラッキーだったと思わずにいられません。
おまけにまさかの食べ物持ち込み可!
ほんま有り難かったです。

もちろん、直前の変更で、焦りまくってるワシを励ますように、
気持ちよく了承していただいて、
この会場ならではの素晴らしい演奏してくださった、
もりと、伊藤せい子ちゃん、かんのとしこちゃんにも、
感謝の嵐でございます。
ああ、この対バンにして、良かった!と
心から思いました。


では、ライブの様子をご報告に参りましょう。

8月23日(月)「うちな〜男に、なにわ〜女」伊藤せい子&もりと@十三レインコート。

まずは、23日。この日の出演者、
「うちな〜男」は、那覇栄町の「生活の柄」の主、
マルチーズロックのボーカリスト「もりと」、本日はソロで弾き語り。
「なにわ〜女」は、ムジカジャポニカの主、
夕凪のボーカリストの「伊藤せい子」ちゃんの弾き語り。
ある意味、大阪&那覇、ワシの好きな店弾き語り合戦でもあります。

まずは、せい子ちゃん、いきなり伝説のストリッパー初代「一条さゆり」の情念の話(笑)
元々やる予定だった会場が、一条さゆりさんが亡くなった場所の真ん前だったからなんやけど、
その話で、いきなり会場が70年代のアングラ劇場のように思えてきた(笑)
さすがですわ。

※写真提供、杉本さん。

おまけに長谷川きよしさんの「心ノ中ノ日本」をカバー。
せい子ちゃんがこの歌やるのは、初めて聴く。
しかも先週、岡大介くんがこの曲やるのを聴いたばかり。
こういうのん重なるのって、なんか意味があるように思えてくるなあ。

この日のせい子ちゃんは、何かを吹き飛ばすような力強い声だ。
「ポロポロポロリ」って歌詞で、不覚にも、ワシもポロっと来そうに。
この時期に、なんとか開催出来たことが嬉しかったのか、
自分の関係するライブでせい子ちゃんが歌ってくれてるのが、嬉しかったのか、
意味は分からなかったが、なんか飲み込めないような熱い塊が、
腹の底から喉元までつき上がってくるような感じや。

うおー!昔、ワシが好き!ゆーたん覚えててくれたんや!
どんとの「波」!
生きてると、ええことあるなあ。

ラストは「我自由丸」。
沖縄を歌ったミチローさんの歌。
ミチローさんは、もりととも親交があった。
「これしかないやろ」級のナイス選曲やなあ!
もりとも歌い出す。
嬉しいなあ。

とうとう、もりとはステージに。

※写真提供、杉本さん。

せい子ちゃんのソロアルバムはここから

そして、もりと。
「おお!もりとや」としか言いようのない
もりと節がドタマから炸裂して嬉しくなってまう。
マルチーズロックのバンドでの演奏も好きやけど、
ソロは、また違う緊張感があって、ええ。

リズムやためを自分の感情のままに自由にできる面白さ。
MCも絶好調!笑いの本場、大阪を爆笑させてます(笑)

雑然とした、生き物の匂いが充満する
濃密な空気が漂う音楽。
間違いなく、那覇栄町の、むん!と香るような匂いだ。

意外にもジュリーの「サムライ」!
これも、もりとのオリジナルに聴こえる仕上がり。
かっこええなあ。


いやー!もりとMCのおもろさ、
腕上がってる気がする。
十三に育てられたか(笑)
ここ十三は、もりとが「大阪のホーム」という中島酒店がある場所。
今回は、いろいろ事情があって、中島酒店ではライブできなかったけど、
結局、中島酒店から100メートルくらいの店でライブやってる。
そう言えば、せい子ちゃんにとっても、
十三は「お父ちゃん」と慕う「雑葉」のある町。
「お母ちゃん」は、数年前、亡くなってしまったが、
相変わらず、よく飲みに来てるらしい。
結局、十三でやることになったのは、必然だったような気がしてくる。
いや、大袈裟かもしれんけど、運命やと思う。

ラストは「素晴らしきこの世界」。
これ、もりとの歌詞なん?めっちゃええやん!

アンコールは、AKBやったかな?(笑)
とにかくあの系統の歌。
なのに、めっちゃマルチーズロック。
つまり、最後まで、ぎっしりもりとでした。


終わってから、杉本さんと出演者二人は町でフォトセッション。
ええ写真や!

観客で来てた市村くんともりと、
めっちゃ話しが合ったみたい。
こいうのも、嬉しいなあ。
もりと「聴かせてよ〜〜」で、
市村くんの即席ライブまで飛び出す。
ええ夜や。

8月24日(火)「うちな〜男に、なにわ〜女」かんのとしこ&もりと@十三レインコート。

二日目も「うちな〜男」は、もちろん「もりと」、
「なにわ〜女」は、リョカン・ダ・ファミリアや、ジョンソンtsuバンドや、
いろんなバンドで活躍するアコーディオンのかんちゃん。

ステージ始まる前、勢いよくドアを開けて入って来て「ほい!」とチャージを出したのは、
前日出演してたせい子ちゃん。
おお!やっぱり姉さん、男前!!粋ですわああ!!

まずはかんちゃんから。
ふくよかな音やなあ。マイナスイオン出てるんちゃうやろか。
かんちゃん、基本は生音で。
柔らかくて、ええ感じ。

「酒場探訪」、ええなあ。
ひょこひょこ千鳥足になりながら
酒場をはしごするおっちゃんが見えて来て、ほっこり。
二拍子に挟まれた三拍子への展開がかっこよくって、
さすがかんちゃんやなあ、思う。
ほっこりだけやなく、スパイス入れてくる。

「自転車」は久しぶりに聴く気がするなあ。
かんちゃんの曲は、みんな風景が浮かぶとこが好き。
この曲は、なんか菜の花の咲く緑の河原の土手を想像。

かんちゃんのまた違うバンド、うな重「青のコンパス」。
これはたぶん初めて聴く曲。
ゆったり大きな曲やなあ。
なんとなく海を想像する。
360度水平線に囲まれた海の上で、
水平線がコンパスで描いたように丸く見える、
そういう曲かなあ。
ぜんぜん違うかもやけど(笑)

「ばらとミツバチ」は、ワシのフェイバリット。
昼寝したくなるんよねー。

ラストは賑やかに「バーゲン」。
踊りながら演奏するかんちゃん、初めて観た!
もりとも指笛で参加。
楽しいわ〜〜!

そして、もりと。
この日は座って歌い出した。
なんだかフォーキーな感じがするぞ。
ギターの音が澄んでて、
あ?もりとってこんなギター弾くんや!と驚く。
曲の最後「ジギー・プレイ・ザ・ギター!」と叫ぶ。
え?その曲やったん?(笑)

座ってやってんのは、前の日のせい子ちゃん見て
「かっこいいな」思ったかららしい(笑)
もりとも、ギター抱えて座ってるだけでも、なんか絵になるなあ。
これも武器のひとつやろなあ。

もりとMCで、腹話術を披露(笑)
なかなか上手いぞ。
普段の喋りより、滑舌ええかもしれん(笑)

阿波踊りみたいなリズムをギターでかき鳴らし
「唐の世から大和の世」と沖縄民謡の名曲「時代の流れ」のフレーズを歌う「維新伝心」、
今の時代を生きる沖縄の人たちの叫びに聴こえて、
じわーっと入ってきた。

ミチローさんが亡くなる二日前に来たメールの話、
そして、亡くなってすぐに詞ができたという曲を。
しっとりといい曲やん!
ミチローさんを思い浮かべながら、聴くと、涙が出そうになる。
突然、ミチローさん譲りの咆哮が!
ほんまにミチローさんが来たのか、とハッとしてしまった。 
もちろん、もりとの声。
一瞬、時間やら空間やら、いろんなことが混じって、
どこにいるのかわからなくなった。

そしてそしてアンコールはもりととかんちゃんの初共演!
貴重な瞬間を味わえて、ほんま嬉しい。
もりと、「かんちゃんを沖縄に連れて帰りたい」を連発。
何するつもりやねん(笑)

「ダウンタウンダンス」おお!むちゃくちゃかっちょいい!!
かんちゃんのアコーディオンからも、栄町の路地が浮かんでくる。
かんちゃんすげえなあ。
そう言えば、かんちゃんが栄町のもりとの店でやったライブにワシも同席していた。
あの経験が、こんなに風景の浮かぶ演奏に繋がってるとしたら嬉しいなあ。
もりともめっちゃ気持ち良さそうに歌ってる。

ラストは「夢は夜ナオユキ」(笑)
なんか二人のフリージャズみたいなやり取りから始まったのは、
ナオユキさんの出囃子!
そう、もりととかんちゃんは、その生活の柄で、
かんちゃんがナオユキさんの出囃子のアコーディオン弾いてる人物と、もりとが知って、
途端に打ち解けたんだったなあ。

もりとは、「ちゃうねん!ちゃうねん!」を連発(笑)
あんまり似てないように思うが、ナオユキさんのモノマネらしい(笑)
ウチナー口やら、てぃんさぐの花やら、夢は夜開くの歌詞やら、
いろいろ混じって、かっこいい!
あの何十回も聴いた曲が、こんな曲になるとは!
ええもん、観られたー!
途中から途中までですが、動画をどうぞ。

終わってから、かんちゃんが差し入れで持ってきた、チーズを頂く。
これが、たまたまらしいが丸いチーズ。
「マルチーズやん!!」とせい子ちゃん。
「ほんまや。全然気づかんかった!」とかんちゃん。
かんちゃん、さすがですわ。
上手く、まとめてくれました。

こんな感じで二日目の夜も楽しく暮れてゆくのでありました。
重ねて言いますが、
ほんまに皆さん、ありがとうございました!!

次がいつになるかは、分かりませんが、
またおにぎり印のライブ、開催します。
よろしくお願いします。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

抜け殻。

次の記事

蛹に。