ヒライマサヤと片山尚志「サイクル」〜ムジカでレコ発。

本日のムジカジャポニカは、このコンビとしてはムジカ初登場、
ヒライマサヤさんと片山尚志さんのニューアルバム「サイクル」レコ発ライブ。
ワシは磔磔で観て以来、二回目ですわ。
前回、すごくたん楽しかったし、前回同様、サポートもすごいので、
ワクワクしながら待つ。

おお!揃いのユニフォーム?(笑)黒白水玉、反転させたような二人と、
ドラムのれおさん(少年ナイフ)と、ベースの大橋吐夢さん(片山ブレイカーズ)がステージへ。
あとで、MCでゆーてはったけど、ヒライさんのシャツは片山さんに借りたものだそうです。

突き抜けるようなドラムで始まった。
キャッチーなメロディ、ダブルリードボーカル&ダブルギターの面白さ、
ハーモニーの気持ち良さ、タイトでグルーヴィーなリズムセクション。
こんなバンドって、ありそうでない気がする。

ドラムのれおさん、すごいな。
そんな難しいことしてるわけやないと思うのに、めっちゃ存在感ある。
油断してたらドラムの音だけ追っかけてしもてる。

なんか全員猫耳付けて、平井家に来た猫の歌。
こりゃ楽しい。
「ロックみんなのうた」と名付けました。

次の「妖怪変化」って曲で、ミュージカル・ソウ(のこぎり)のみおさんが登場。
みおさんのミュージカルソウは独特やな。
リコーダーっぽく聴こえ、テルミンにも思え、二胡にも似てるのに、どれとも違う。
その音色は物悲しさくもあり、懐かしくもある。
その曲自体、切なくも、なんかほっこりする青春ソングに思えた。

次はドラム、ベース休みで、三人で。
柔らかくて、何か日本っぽくてええ歌やな。

れおさんと、吐夢さんが戻ってきた。
れおさんはゲストギター、騒音寺のタムさん連れてきた。
タムさんも猫耳付けて(笑)

さあ、ここらはちょっと変わってるけど、
分厚くご機嫌な音の、明るく楽しいロックンロールパーティー、始まりました。
タムさんのギュワンギュワン言うギターソロ、カッコええわあ。
片山さんも、平井さんも、こう言う理屈抜きの楽しいのん、好きなんやろなあ。
それが二人一緒になって、いつも以上に、明るく、楽しく、
熱量はらんだ演奏になってる気がした。
しかも、このバックやもんな。
楽しくないわけないわ。

ラストの曲は「めでたし」。
ほんまにハッピーな曲で、文字通りのハッピーエンドやなあ。
この曲は、こう言うご時世じゃなかったら、
コール&レスポンスと、踊りで客席温度、上がりまくりになるんやろなあ。
曲の途中から、セカンドライン手拍子でメンバー紹介、
最後は曲に戻って大団円。

アンコールは二人に戻り、アコースティックギターで。
アルバム未収録の新曲を片山さん、やろうとしてたらしいが、
ヒライさんがもっと新しい未完成の曲「合いっこねえぜ」をやりたい、
言い出して、片山さん焦る(笑)
なんとかアドリブで乗り切る。
さすがです。
ほんま、現時点では、タイトル通りの仕上がりでした(笑)

で、改めて新曲「光の雨」。
これはまた柔らかくてきれいな曲やな。
二人の声がゆっくり混じって行く気がして、
ほんま気持ち良かった。
今日のオーラスの曲「僕はピース、君はイエス」もアルバム未収録の二人で一緒に初めて作った曲らしい。
つまりアンコールは、二人で初めて作った曲と、一番最近作った二曲が聴けたわけやな。
キャッチーなロックンロールで、一番の歌詞&ボーカルはヒライさん、二番は片山さんで、
久しぶりに出会った二人の交換日記みたいな微笑ましい歌でした。

いやあ、やましいところが、どこにもない、
なんの憂いもなく楽しめるライブでした。
ありがとうございました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

新しい言葉。