ラブラブスパーク@拾得。

遅くなりましたが、金曜、土曜と行ってきた京都旅行の〆は、拾得で、
長谷川一志さんのラブラブスパーク、25周年ライブ。

ええ感じに、のんびりした夕方に始まりました。
昼間歩き回って腹の減ったワシは、名物玄米定食頂きながらの鑑賞。

またラブラブスパークさんの音楽が、のんびりでハッピー。
こんな日にピッタリやな。
一志さんの人柄が滲み出てくる音楽で、ほっこりする。

お!ハードレインの「実験室の夜」のお題「青い鳥」でできた曲、
ちょっとラブラブスパークの普段のトーンとは、違ってて、
壮士演歌みたい曲調が楽しい。

「晩ご飯」て曲で正調ラブラブスパークに戻る(笑)
少年時代の日常を思い出すような歌詞もラブラブスパークらしい気がする。
テンポアップして布団乾燥機の出てくる歌。
こういう少しコミカルな曲も、ラブラブスパークさんの特徴のひとつやな。
観客のノリもええ感じに。

一部最後は「グースカスー」。
これが、ほんま居眠りしたくなる気持ちええ歌ですわー。
目を瞑ってると、ほんま少し落ちかける。幸せ。

お!二部は赤白のボーダーにお色直し。
やっぱり、ゆるゆるっとハッピーに始まりました。

二曲目は、ハッピーそのものの「ハッピーカムカム」。
基本はハッピーなんだけど、その裏にある孤独とか、
寂しさとかも感じさせてくれるので、信用できる。

隣の席で十夢くんが似顔絵描きながら観てる。
まあまあ似てる。(笑)

今日は、十夢くん以外にも、栗本さんや長野さんや松葉さんやら、
お客さんにミュージシャンが多い。
これも、長谷川さんならでは、なんやろな。

お!「大人毛」の歌や!
ハッピーとコミカルの混ざった一志さんらしさの詰まった曲。
ほんまはこの歌はコール&レスポンスが楽しいんやけどなー。
せめて手拍子だけでも打たせて頂こう。
一志さんの、「〇〇け」シリーズ、初めて聴いた。
楽しい。

吾妻光良さんカバーも良かったなあ。
それに続いて「昼ビールヒルビリー」。
クライマックスに入って来た感じ。
これも歌いたかったなあ!!

ラス前の朝焼けの歌は初めて聴くかな?
優しくてあったかい一志さんらしい歌や。
一志さん、喋ると、ときどき辛口のときもあるけど(笑)
本質的には、この歌みたいな繊細で、傷つきやすく、
その分、優しくあったかい人なんやと思う。

ラストは珍しく、ハイテンポの曲。
これも初めて聴くけど楽しいな。
少し新たな面を観た気がする。

間をおかずアンコール的一曲「サンキュー」!
(アンコール、性に合わないらしく、手拍子なる前に「やります!」宣言)
やっぱりこれは聴いて帰りたい!

お!最後は初めて聴くけど、
ネーミング訴求の「ラブラブスパーク」を連呼するエンディングソング。
勢いええ歌!(笑)

アンコール阻止、失敗!
ダブルアンコール、ありました(笑)
酔っ払いの悲しい性を歌ったブルースっぽい曲で、スキャットが良かったな。

ほんま、一志さんの人柄がダダ漏れのライブで、
終わると、みんな、なんやニコニ顔になってるのでした。

車で来てた水田十夢くんに阪急烏丸まで送ってもらったけど、
その間も、今日のライブのホッコリとした良さを語り合ったのでした。

ラブラブスパークの音源はこちらで。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA