ふちがみとふなと&大谷氏withとっちゃん「こくまろ夫婦対決」@ムジカジャポニカ。

いやあ、またえらいもんを目撃してしまった。
今日はムジカでふちがみとふなと&大谷氏ととっちゃんの「こくまろ夫婦対決」。
まずはふちがみとふなとさん。
夫婦対決ということで、夫婦っぽい歌、秋っぽい歌を中心に。

貘さん作詞、渡さん作曲の「頭を抱える宇宙人」は、生では初めて聴いたかも。
「きのこのうた」?では、船戸さんのめっちゃ遠慮がちで、
恥ずかしそうなコーラス(笑)が聴けた。
「秋の灯」、ええ歌やなあ。
ふちふなさんの歌にはすげー季節感があると思う。
夏には夏の、冬には冬の。そして秋らしい歌を集めると、なんかしみじみとしてしまった。
と思ったら、いきなり「大阪の歌」(笑)。
ラストは「愛さずにいられない」。最後はほっこりさせてくれて、
なんか焚き火にあたってるような、あったかくなる流れのライブだった。

そして、大谷氏。ホルモン鉄道では一度観たことあるけど、ソロは初めて。
今回は夫婦対決ってことで、奥さんのとっちゃんと一緒。
まずはとっちゃんのボーカルから。
とっちゃんの声、すげーかわいい!!
大谷氏のギター、シンプルやけど、深くて存在感あるなー!

大谷氏のボーカルに代わって一曲目は、「アロエベラ」から。
これはすげー!お経なのか、フォークなのか。
いきなりガツンとやられてしまった。
もうこの一曲ですっかり大谷氏ファン。
こないだのカラスさんといい、最近は富山に驚かされることが続いている。
ゲストに船戸さん加わって「叔母の財布」。

すげえ混沌!!パンクというより、ボーカルありのフリージャズか!
いや、日本オリジナルのプログレかもしれん。
めっちゃかっこええやん!!

かと思うと「空の荷物」では、枯れた感じの大人な世界を聴かせてくれた。
「未定」では夫婦デュエット。夫婦で連れ添って行く、ほのぼのとしたええ曲。
大谷氏、幅広いわー。ほんま独自の世界やなー。
と、思ってたら、大谷氏、急に脱ぎ出した。
ラストの曲は「裸の王様」。それで脱いだんやな(笑)

そしてふちふなさん迎えて、いきなり純子さんからの無茶振りでコーラス強要。
しかも船戸さんを責める歌(笑)

次は4人で「旅する心」。これすげー良かった!!
大谷氏のボーカルと純子さんのコーラスの重なりが、死ぬほど気持ちええ。

ギター、ウドべ、ピアニカの、パターンを繰り返す伴奏が心地よく、
その上のボーカルが、すげえスリリングで、ドラマチックな仕上がり。
最高!ラストは「大晦日」という曲。これも良かったなー。

終演後、船戸さんと話してたら、なんと!ツアーオフ日のハシケンさん登場!
奄美の話とか、お聞きできて、嬉しかった。

いやー大谷氏、すごいもんを観てしまった。
また観たいわー。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です