トラペ座&良元優作@磔磔。

10月12日火曜日は、京都、富小路仏光寺下ルの磔磔で、
前回やられて以来、ずっと楽しみにしてた組み合わせのライブ。

まずはトラペ座の3人。
それぞれの楽器から溢れてくる音が、磔磔の空間を満たしていく。
その音すべてが切なくて愛おしい。
そして、その音がひとつになって、
磔磔の木の壁に吸い込まれていく。

トラペ座聴くのは、いつ以来だろうか。
この日はあまりモノを考えず、浸っていたい気になった。

テナーサックス&ソプラノサックス、アコーディオン、チェロ、
3つとも低音域、中音域から高音域まで出せる楽器だからか、
最高音を、サックスが吹いてたかと思うと、
チェロが最高音でメロディ奏たり、
アコーディオンが低いベース音でリズム取ってるかと思うと、
チェロが弓でベースライン弾いてたり、
役割が目まぐるしく変わるけど、
それが聴く方の生理に叶ってるので、忙しいイメージはない。

知らんかったけど、トラペ座、磔磔、初登場らしい。
初の瞬間に立ち合えたのか。嬉しいな!

ギリシャの肉屋の歌かな?
大野さんのボーカル、聴けた。
トラペ座はこんなふうに中東から東ヨーロッパにかけての音楽が中心やと思うんやけど、
なんかどの曲にも、そこに生きる民衆の匂いがして、
その人たちの生きていく哀しみが音楽になってるような気がする。
それがその地域ではギリシャにしか行ったことないワシにもたまらなく響いてくる。

「野辺のうたげ」は、すげえ好きな曲、
なんか小さい頃読んでた西洋の子ども向け小説を読んでるような気分になる。
「ナルニア国物語」とか。

今度は大野さん、ガイダを演奏し始めた。
磔磔が撮影禁止で残念なのだが、
東ヨーロッパ風のバクパイプって感じかな?
やっぱり口で袋に空気送って、
腕でその空気を押し出しながら、リコーダーを鳴らす。
やはりリコーダーには通続音の管と指で音程を変えるメロディ管のがあるみたい。
見た目も実際も管楽器やけど、
口離してても音の出るのが、見てて不思議。

めっちゃメランコリックな曲で会場盛り上げて、良元優作、登場。
ギリシャの民謡「私の宝物」?を一緒に。
おー!優作、ボーカルもやるんや!
こりゃボーカルも演奏も、ゲストでやるん大変そうやなあ!
でも、ええ感じの音楽で優作も楽しそうでした。

で、トラペ座、ステージ降りて、優作ソロ、始まる。
ああ、やっぱり木で囲まれた空間に響く優作の声はええ。
奥行き感がぐっと深くなる。
頭に浮かぶ風景も、だいぶ向こうまで見えている気がする。
つまり泣きたいような気分になる。

いきなり優作、MCでトラペ座の男性二人「ポンコツ」発言(笑)
音楽ではなく、人間としてですよ(笑)

京都を意識して、ふちふなさんの「愛さずにいられない」。
今日は、ギターもボーカルもひとつひとつ大切にしてる気がするなあ。
しんみり響く、ええ演奏やわ。

「バクラッシュブルース」が出色の出来!かっこよかったー!
というか、どんどん良くなってきてるのか。
次の「星を見ながら」もゾクゾクするほど良かった!

お!チェロの菅原さん出て来た。
二人で一曲やるみたい。
「昨日見た夕日」。
こりゃ弓がたまらん!
もう完全に映画やんか!
チェロはともかく優作のギターも聴いたことないような音を出してる。
ええ刺激しあってるんやろなあ。

大野さん、多田さんも入ってトラペ座&良元優作さんでの演奏。
おお!しかも「キムおじさん」やと?
泣く準備せんとあかんやん。
イントロに絡むアコーディオンから既にたまらん。
そこにクラリネットが重なり、
チェロがベースラインを創り出す。
めっちゃ柔らかくて、ええ演奏!
すご過ぎて泣いてる暇さえない。
これは聴いたことのない「キムおじさん」や。
極上の「キムおじさん」や。

続いて「ペンノレ」。
これまたドラマチックになる気がする!
前半はほぼ優作一人で、そして一気に四人で。
ほら、すげえドラマチック!ペンノレは航海の安全を祈る歌らしいが、
どう聴いても、今日の海は荒れ狂ってるように思える。
だけど、船は、その波に負けず、まっすぐな航路を描く。
黒い海に一筋の白い道が見える気がした。

一応、これで終わりやったらしく(笑)、
形上、アンコールということで「ペプシドライブ」。
これはかわいく、切なく楽しい仕上がりやなあ!
ほんま青春ソングやわ。

本日、ラストのラストは「泥の海」。
やった!これは絶対聴きたかった!
トラペ座だけでも、飯が食えそうやのに、優作との共演。
三杯は行けるわ。
なんちゅーリズムなんやろ?
むっちゃ変則的なリズムやのに、体が動いてしまう。
ほんまに、ほんまに、気持ち良過ぎ!

状況的に仕方にとは言え、
この日ほど、音止めの時間が恨めしい日もなかった。
本当に、いつまでも、いつまでも聴いていたい、
浸っていたいライブでした。
ほんま、またよろしくお願いします!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA