AZUMI@十三レインコート。

やってもた。
二日連続のライブ遅刻。
二曲目?三曲目?ドア越しに曲が終わるのを待って入る。
入ると何かに取り憑かれたようにギターを掻き鳴らし、
歌うAZUMIさんがいた。

今日もカッコいい。
なんか今日は音が五月雨みたいに降ってくるような気がするなあ。
あれ?次の曲ではギターはやはり降ってくるけど、
ボーカルは地面から立ち昇ってくるような気がした。
どちらにしろ垂直方向 い動く音やなあ、とか思ってると、
なんかそれに揺れまで加わった感じもする。
きっと、心の動くままに演奏してはるんやろな。
こういう一筋縄でいかんとこもAZUMIさんらしいなあ。

その中から、スクッと立ち上がるように「天王寺」が始まった。
AZUMIさんの音楽には、今、書いたように、ここまでの流れでも感じたけれど、
一曲の中にも、うねりみたいなのがある。
もしかしたら本人も、それがどんなうねりになるか、
分からずにやってるんやなかろうか、
そのときどき、心の声に従っていて、
自然に生まれるうねり。
なんかそれは、生きる、ということ、そのものなんかもしれん。
AZUMIさんの生き方、そのものなんかもしれん。
そんなことを考えながら聴いていた。

二部始まりに、12インチLPの発売告知!
レインコートで買えるみたい。
鈴木常吉さんの曲も入ってるらしい。
めっちゃ楽しみです。

今日はなんか喋りたい気分らしく、
神戸の中古レコード屋周りの話してくれはった。
すげえな、うちでアナログ盤再生できるようになったんで、
今度行ってみよう。
神戸モトコーの「フリークス」「ハックルベリー」。

「メンバーズオンリー」は、しゃぼん玉感謝祭で聴いたかな?
ブギウギボーイズのときだったかな?
繊細なギターがたまらん。

曲名聴き逃したけど「今夜どこにも帰したくない」って歌詞の歌、
ブギウギボーイズで感じたAZUMIさんの初期衝動みたいなもん、
この曲にも感じられて、ちょっと嬉しくなってしまった。
ミュージシャンが経験を積み重ねて行ってできる音楽も面白い、けど、
そうなると初期衝動は、たいてい薄れていく気がする。
AZUMIさんが稀有なのは、月日を経るごとに地層のように
音楽が重なって面白くなりつつも、
どこかで初期衝動を持ち続けてるって、とこのような気がする。
だから曲によっては、積み重ねてきた時間を思って、
曲によっては無くしたつもりやったのに、
心のどこかに残ってた青臭い気持ちを思い出して、
どっちにしてもキュンとしてしまうのかもしれない。

お!AZUMIさんが、こんなもろブルースって曲やるのって、
意外にも、あまりないような気がするな。
文句なしにカッコええな。
その流れかな?次の曲はブギウギっぽい曲。
この曲、吾妻光良さんに「一万円で売ってくれ」言われたらしい(笑)
ブルージー流れで、1988年頃、AZUMIさんがCDデビューした頃の
おもろい話聴かせてもろて、そのCDに入ってた曲を。
もちろん初めて聴く。
その頃やったら、AZUMIさんも30なったかどうかくらいやったろうに、
こんな渋い曲、やってはったんやー!

な、なんと次は伊藤咲子さんの「乙女のワルツ」!
阿久悠先生、ええ詞、書かはるなあ!
三木たかし先生のメロディも、スタンダード感ある。
ええ曲やわあ!

おお!ようやく修理できたらしいエレキに持ち替え。
「ビチャビチャにリバーブ入れたいと思います」
リバーブ、目一杯かけること、ビチャビチャ、言うんや(笑)

「紅の翼に乗って、ブルースターにたどり着く」
AZUMI説法に続く、新境地「AZUMIと行く宇宙旅行」らしいです(笑)
かっちょいいインストに続き、
AZUMIさんの「ブルースターにたどり着いたみたいですね!
さて今日は誰に会えるでしょう」の解説(笑)
寺内タケシさんのええ歌詞&ええメロディに続いて、
AZUMIさんに降りてきたんは、めっちゃ訛ってるけど、
寺内さん本人のよう(笑)
おもろいAZUMIさんとのやり取りのあと、
寺内タケシさんが立って、解説しながら、弾き出した。
いや、弾いてるのAZUMIさんやけど(笑)

何がなんやらわけわからんようなってきたぞ(笑)
寺内さんのありがたい御言葉も頂きました。
内緒にしときますが、最高っす!!(笑)

次の春の曲は、流れるようなギターに載る柔らかい言葉とメロディ、
AZUMIさんの引き出しは数限りないなあ!

ラストの曲は、リゾネーターギターかな?
いなたい音が、木や風や雲を運んでくる。
一日が終わるように、静かにラストの曲が終わる。

まあ、もちろんアンコール、あるんだけど(笑)
アンコール一曲目はボトルネックで激しく。
かっけー!
ほんで次の曲が今日のオーラス。
美しく、気持ちよく一日が終わる。

考えたら、ワシにとっては、久しぶりのAZUMIさんワンマンやな。
じっくり、ゆっくり聴いて、
AZUMIさんの広さ、一筋縄で行かなさ、
年齢を重ねたからこその深さ、
うらはらに初期衝動も健在の新鮮さ、
いろんなもの感じられた。

遅れてでも、行って良かったなあ、思えるライブだった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ルールの目的化。

次の記事

久々の得一。