展覧会「美しい手製本の世界」。

選挙行く前、
二日ぶりに家から出たので、
ついでにゴミ出しすると、
家の前の道から夕焼けがキレイだった。
やっぱ、家の中におると感じられんことあるなあ。

ふと、横にある看板を見ると、、。

ワシの住んでるマンションの一階には、「本のアトリエeiko」というお店がある。
住人でもある、ご家族が本の装丁のアトリエを開いておられる。

ということは知ってたが、実際に作品とか観たことはなかった。
せっかくなので、入ってみた。
入った時間が、ちょうど展覧会の最終日の終了時間近くだったので、
あまりゆっくりは観られなかったけど。

ひとつひとつ手がこんでて、面白い。
ほんで美しい。
ワシの住んでる場所の真下でこんな美しい作品が生まれてたんやなあ。

アトリエのお嬢さんである中尾あむさんはFacebookでも繋がってる方で、
ワシの大好きなミュージシャン、かんのとしこちゃんと昔、
音楽ユニットを組んでた方。
というか、かんちゃんを音楽の世界に連れ出した方らしい。
その方の作品が観られたのも嬉しかった。

ちょっと外へ出かけるのが億劫になってるタイミングで、
「やっぱり外に出ると、面白いことあるなあ」と
思わせて頂けた。
そのことにもめっちゃ感謝です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

走る青年。

次の記事

ども。