Let’s FULL-SWING Show!THE BIGOOD! × 松ノ葉楽団@十三レインコート。

場所移して、ギリギリ間に合ったー!十三レインコート。

松ノ葉楽団は、今日はボーカル&ギター、ギター&バンジョー、
鍵盤ハーモニカ、ウッドベース、ドラムの五人組。

ゆっくり目のブギウギかな?心地良くダルい感じで始まる。
この気持ちのいいグルーヴって、松ノ葉特有って気がするなあ。
なんかノタッとしてるような気もするけど、
気持ちを前に前に運ぶような軽快さもある。
結果的にリラックスしながらワクワクしてくる。
まさに昼酒にピッタリな音楽やな。

お!「ナイト・オブ・ナイチンゲール」って曲は大石みつのんくんとの共作らしい。
なるほど!松ノ葉のノリと、みつのんくんのノリって合いそうな気がする。
おー優しくていい曲やん!

ワシの席の近くに赤パンツ軍団。
ふふ、この4人は、、。

松ノ葉楽団、ひとことで言うと、
オールド&グッドミュージックなんやろうけど、
それをかなり意識的にやってるってとこが、
すごく現代的な気がする。

ラブソングが続くのは、ちょっとおめでたいことがあったからか。(のちほど詳しく)
ハーモニーひとつとっても、すごく気持ちいい。
そんな特別なことしてるわけじゃないけど、
ひとつひとつが上質で、丁寧に仕上げられてる感じ。

ちょっと性格の悪い曲を、と言いながら始めた「うちには入れないぜ」という曲で、
人の良さが滲み出てた(笑)

ラストは「やっつけ仕事を片付けろ」。
「こいつが終われば飲みに出て、、」
対バンの先攻のラストの曲にふさわし過ぎるやろ!(笑)

後攻はさっきの赤パンツ軍団、出て来ました。
ムッチャクチャ久しぶりのTHE BIGOOD!
実は、クラリネット&ボーカルのイクさんと、
ギターバンジョー&ギター、ボーカルのムーちゃんが、
めでたく入籍したらしいです。
さっきゆーてた「おめでたいこと」とはこのことっす。
今日はあとウッドベースのジュンジュンと
ウォッシュボードのミホさんの4人で登場。

ミホさん、初めて観るけど、
ウォッシュボード入るとラスティック感倍増して、ええなあ。
けたたましいほど賑やかで、楽しいっす!

ジュンジュンの棒みたいなウッドベース、おもろいなあ。
一弦でネックだけで胴がないように観えるけど、
柔らかい音が出てる。
回り込んで観てみると、
下のポリバケツみたいなとこに弦が繋がってるんやな。
このバケツみたいなとこで反響してるんやろか。
お手製かな?うん、ええ音で、おもろい。

そー言えば、ジュンジュン、こないだ火事に遭ったゆーてたな。
ウッドベース燃えてしもて、あるもんで作ったんやろか(笑)

あーあ、ムーちゃんのチューニングの間に、ジュンジュンのなそなぞ始まった。
相変わらずしょーもないけど、今日はけっこうウケたのでヨシとする。

入籍がにじみ出てるのか、どの曲も花が咲いてるみたいにハッピーに聴こえる。
ムーちゃんの客いじり、久しぶりやなあ、
楽しい!松葉さんが、いじられまくる(笑)

今回のライブタイトル「Let’s FULL-SWING Show!」を付けてくれた
レインコートの小林さんへ、感謝の意を意を込めて
「スウィングしなけりゃ意味ないぜ」。
ああ、ええノリ!楽しい!!
ドュワドュワコーラスは観客も一緒に。
さらに楽しい!

おお「オン・ザ・サニーサイド・オブ・ザ・ ストリート」。
朝ドラ「カムカムエブリバディ」思い出しながら聴かせていただきました。
ラストは観客も一緒になって、大盛り上がり。
ほんまに楽しいライブやなあ。

当然アンコール。
二組とも、楽しくハッピーなライブでした。
イクさん、ムーちゃん、ハッピーのお裾分け、
ありがとうございました!!

THE BIGOOD!の音源はこちらから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA