夜久一@釜晴れ。

※動画は、必ずしも、その時演奏した曲ではありません。
できるだけ夜久くんの音楽聴いてほしいと思い、入れてます。
覚えてる曲は、その文章の近くに配置しておりますが。

日曜昼間の釜晴れは、夜久一くんのライブ。

夜久くんのギターが、どんどん豊かな音になってきてる気がする。
ギターだけでも風景が見えて来て、
ボーカルが入ると、その風景の中にいる人物にぐん!とズームするような感覚。

鈴木常吉さんの「鉛の兵隊」、
もう完全に夜久ワールドになってる。
あの特徴的なリフさえ、消化されて別の形になっている。
自分だけの色気のあるギターの音持ってるってのは強いよなー。
途中から何箇所かズレたけど、それもご愛嬌(笑)

なんかロカバラードっぽい曲でも、童謡の「赤とんぼ」でも、
自然に世界が繋がってゆく。
夜久ワールドがきちんと出来上がってるからなんやろな。

たった数年前は「声のでかい人やなあ」というのが
頭にこびりついた印象やったのに、
いつの間に、こんな細やかな表現ができるようになったんやろ。
すごい進化やな。

一部のラスちょい前だったかな?
ギターも声もマックスの音量でやった歌がまた、
世界までデカくて、広い風景が開けて来て爽快やった。
夜久くんの音楽聴いて「爽快」て気持ちになったのは初めてかも。

写真提供、チカちゃん。

浅川マキの「少年」が、またさ気持ちいい。
さっきの爽快とは少し違って、ちょっと切なくもあるんやけど、
なんかそれはそれでええか、と思えた。
そのまま「星めぐりの歌」に繋がるのが、もう快感としか言えない気持ち良さ。
前の曲からMCとか入れずに、
ギターの音覚えてるうちにボーカル先行の曲、歌い始める。
こんなテクニックも覚えたんや(笑)

一部最後は「チャイナガール」。
ん?またギターからちゃう音が出てるで?
ちょっと後ろの方の席やったんでエフェクターとか
分からんかったんやけど、
手数が観るたびに増えてるなー。
すごいなあ。

夜久くんの新譜「よだか」はこちらから。

二部は静かに始まる。
これはこれでよろしいなあ。
休みの午後、何曲か続けて、ゆったりとした静かな曲。
昼寝欲がくすぐられるなあ。
間奏になると、ほんまに一人で、
リードギター、リズムギター、ベースやってるみたいな気がする。
一人ドラムレスバンド状態。
夜久くん、ギターが面白くて仕方ないんやろなあ。
成長スピードが尋常やない。

今日は新曲が多いらしい。
道理で知らん曲が多いはず。でもええ曲ばかり。
アルバム出たばかりやけど、早く次のが出でほしいなあ。

これも新曲かな?「たった一度きりなんだから、そんな時間はもうない。」って歌詞の曲、
「さんざしの花」かな?
なんとなく歌詞から鈴木常吉さんを思い出してしまう。

ワシの隣には千鳥温泉の桂さんが座ってた。
夜久くんのこの広がる音を千鳥温泉で聴いたら面白そうな気がするなー。

二部はなんかゆっくり静かな曲のまま、
次第に力強くなっていく感じ。
そして、そのままラストの曲へ。
ずっとなだらかな上り坂を登ってる感じやったのに、
まったく退屈しなくて、え?もう終わり??って感じやった。
曲もええけど、構成力もすごいなあ。
まあ、まだそのままじゃ終わらせないけどね(笑)

写真提供、チカちゃん。

アンコールは立ち上がって。
「これ歌うと気持ちいいから」と、
ほんまに、ときどきがなりながら、
楽しそうに歌ってくれた。
このために立ち上がったんやろな。
さすがにすごい声!
これも新曲かな?聴いてても気持ちええなあ。

「もういいでしょー」という夜久くん後目に手拍子止まらず、ダブルアンコール。
「君はもうここにいてはいけないから」という歌詞が印象的な「まぼろし」。
ギターの音が甘く切ない。
ダブルアンコールになって良かった!

昼間ライブだったので、終わってからの時間は長い。
ライブ終わってから来た、早苗ちゃんに「小石田純一」と呼ばれてる
ちょっと小洒落たかっこして、靴下履かずにデッキシューズ履いて、
靴擦れしてる、往年ブリティッシュロック好きのおっさんと、
ロック話で盛り上がってしまい、
なんか変なポーズさせられる。
それをチカちゃんに激写される。
何やってるんや、ワシ。
ある意味、モリトとの接吻写真より恥ずかしい。


帰り、ええ気になって、リニューアルオープンした難波屋に寄る。

めっちゃオシャレになってる!
ワシの知ってる難波屋と違いすぎて、少し腰がひける。

夜久くんのライブにも来てたアンチェイン梶さんが、彼女と来てた。
彼女できたって話は聞いてたが、見たことはなかった。
会うと、知ってる人やった。
ええええええええ!!!
そうやったんや〜〜〜!
驚き〜〜。

せっかくなんで憧れのアンチェイン梶さんと写真を撮ってもらう。

ああ、ええ一日やった!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA